有賀さつき 乳がんが死因か、小林真央に続き女性3人に1人の恐怖の癌

5日の有賀さつきさんの急死の一報から一夜明け、その死因が「乳がん」ではないかとされています。乳がんといえば、同じ病気で死去したのが記憶に新しい小林真央さん。彼女達に共通する乳がんは、現在若い女性で増加傾向で、3人に1人が死に至っているようです。今一度、乳がんについて調べてみました。
【スポンサードリンク】



有賀さつきの死因は癌(ガン)、病気は誰にも明かさず、看取られず

有賀さつきさんは、
2017年から極秘に闘病生活をされていたようです。
そして、昨日の5日に急死の報道。
最近までテレビで姿をみていた方も多く、
元気なイメージの有賀さつきさんの突然の死に驚きました。
52歳の若さで誰にも看取られずに病院で亡くなられたそうです。

これは生前の有賀さつきさんの様子です。
有賀さんは、元フジテレビアナウンサーですが、
有賀さんといえば、タモリさんと共演されていた
Mステ、ミュージックステーションですね。
当時の映像がみれて、嬉しい。
懐かしいです。

明るく天真爛漫なイメージだった有賀さんの
突然の訃報に、誰しもが驚きました。
というのも、周囲の身近な人、友達、家族、
具体的にいうと、実の父親と実の娘(子供)にも
病気のことは内緒にしていたようなんです。

死因に関しても、「本人(有賀さつき)の意向で公表しない」
とされているのでいろんな憶測がされています。

2017年、生前の直前のテレビ番組出演のときには、
「痩せすぎ」
「カツラ(ウィッグ)」
と話題になっていましたので、おそらく有賀さんの
患っていた病気は癌(ガン)に間違いはないと思います。

その癌(ガン)の中でも、
乳がんではないか
という声が広がっています。
【スポンサードリンク】



有賀さつきの死因が乳がんとされる理由

こちらのツイッターの投稿をご覧ください。
これによると、1月31日の時点で、
有賀さつきさんの死去についてお知らせしています。

有賀さんが亡くなったと、スポーツ紙一面、
テレビで報道されたのは、昨日の5日です。

有賀さつきさんの父親がテレビの前で
娘の死を知った時のことを話されています。
これによると先月の1月31日にお通夜
とあるのでツイッターにあるように
「彼女の従姉妹の部下からの情報」
という有賀さんの死去の情報は正しい、ということになります。

そんな有賀さんの親戚と近しい関係の彼が、
またツイートしているのです。

有賀さつき元アナの死因は乳がんです。
親戚に近い筋からの情報です。
改めてお悔み申し上げます。

とはっきり書いてありますね。

この投稿内容や、他にも有賀さんの親戚である関係者から
だんだんと生前の病気についての情報が漏れていると思われます。

【追記】

2月6日14:25の時点で有賀さんの死因は、
「一部で報道されている乳がんではない」と父親が話したそうです。
以前として、はっきりとした病名に関しては公表できない、ということでした。

小林麻央も乳がん、女性3人に1人の恐怖の癌の今

まだ記憶に新しく、乳がんで亡くなられた方の芸能人の
2017年6月23日小林麻央さんがいらっしゃいます。享年34歳でした。
6月22日の夜に都内の自宅にて、息を引き取られました。

2014年2月に人間ドックで乳がんの疑いが
出ましたが、ガンではなく乳瘤と診断したため、
忙しさを理由に放置されていたようです。

2014年10月に麻央さんは再び違和感を感じ
再検査、乳がんが発見されました。
この時、乳がんはすでに腋窩リンパ節に転移が
多数みられ、乳がんステージ3と診断されていた模様です。

その後は、世間に乳がんを公表し、ブログを通して
乳がんの治療の様子、苦しさを後悔することで
少しでも乳がん患者を減らしていく活動をされていました。
改めてお悔やみ申し上げます。

そんな小林麻央さん、享年34歳。
今回急死された、有賀さつきさん、享年52歳。

お二人とも子供が母親であり、
子供を残しての、無念の母親の死、となりました。

乳がんは女性の3人に1人が亡くなられています。
誰にでも起こりうる乳がん、
その怖さを今一度、それを頭に入れ、
定期検診などを通して、乳がんの早期発見に繋げたいです。

女性のがんの罹患者数別に見ると、
1位:乳がん
2位:大腸がん
3位:胃がん
4位:肺がん
5位:子宮がん
(出典・国立がん研究センター がん情報サービス「がんの統計」)

それに対して、女性がかかるがんのうち最も死亡者数が多いのは
1位:大腸がん
2位:肺がん
3位:胃がん
4位:膵臓(すいぞう)
5位:乳がん

(出典・国立がん研究センター がん情報サービス「がんの統計」)

1996年を境にして女性のがんの罹患率の中では、乳がんが第一位になりました。日本人女 性がもっとも罹りやすいがんが乳がんだということです。乳がん患者数は、2005年では、41.000人、2015年には、48.000人になると言われています。

年齢層で言いますと、欧米の場合は60才代が多いのですが、日本人はピークが45才で若い人にも多いという特徴があります

また、欧米では乳がんによる死亡率が年々低下しておりますが、日本では乳がんによる死亡率が上昇しています。現 在、日本では3人に1人が亡くなります。

(出典:http://www.j-posh.com/about/activity/prnj/002_sq02.html)

まとめ

乳がんは、とても発見しにくい癌(ガン)と言われてます。
サラリーマンなどの会社員は会社を通して、強制的に
健康診断に行きますから、そこらへんは安心です。

乳がんが一番発症しやすいのが、女性の40代〜50代とありますが
その頃の女性は、子育ての影響で
パート勤務、専業主婦、といった方が多いですよね。

乳がんで亡くなられた小林麻央さん、
乳がんが病気だったかとされている有賀さつきさんも
子育てで忙しい、家業とフリーの仕事をされているので
強制的に健康診断に行く身ではなかった。

子供にとって、一番いなくなるのが辛いのが
やはり、「お母さん」だと思います。

女性はもっと自分を大切にしていい、
お金をかけていい。
周りの男性は、女性にもっと目を向けてほしい。
そんな日本になってほしいと思いました。

読んでくださりありがとうございました。

【スポンサードリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です