成人式当日 振袖業者「はれのひ」倒産! 100万円支払うも成人式出れず

成人式当日の1月8日早朝、本来なら着付けに来るはずの、
振袖販売やレンタル、着付けを担う「はれのひ(harenohi)」と連絡がつかず、
成人式に出席できない新成人が続出していることが問題になっている。

振袖業者の「はれのひ(harenohi)」はすでに倒産、
八王子店舗ではすでに店舗が撤去されているという情報もある。

【スポンサードリンク】




100万円支払うも一生に一度の成人式に出れず、親と子も悲痛

成人式当日の朝に、着付けができない親子の悲痛の様子が

テレビでも放映されました。

 現在の振袖業者「はれのひ」公式サイトは、、

 

やはり現在は、行方が分かっていない「はれのひ」公式サイトは完全に削除されており、

購入者は連絡が取れない状況が続いています。

 

【スポンサードリンク】




はれのひ計画倒産か、2018年度の新卒採用も実施済み

振袖業者の「はれのひ」は2018年度の新卒採用も積極的に募集をかけていたようです。

今後、内定者からも被害者が出てきそうです。

 

「はれのひ」は計画倒産?すでに社員給料未払いで問題山積み

すでに削除ずみの公式サイトにて

 

「はれのひ株式会社」(横浜市中区)

業務内容:

成人式用の振り袖販売、レンタル、写真撮影、着付け

着物の幅広い品揃えや女性スタッフによるサービスを売りとしている。

 

2008年、創業

2012年7月末に初の直営店を横浜にオープン

現在は横浜みなとみらい店、八王子店、つくば店、福岡天神店と全国に4店舗を構えるまでに拡大。

ツイッターでは、八王子店で既に店舗内装も撤去済みであるいるとの情報もある。

20歳の成人式は女性にとって、成人という新しい門出の式ではあるが、

久しぶりに同級生と会える、晴れの舞台という意味合いの方が大きいのではないか。

 

振り袖業者「はれのひ」は会社名のごとく、

「晴れの日」の責任を大きく担っていることを認識して、

今回の事件の被害者に早めの措置をしていただきたかった。

 

「追記」

横浜市の「はれのひ」が営業を停止した。

負債総額は約6億1000万円。

また成人式で振り袖が着られないなどのトラブルで警察に寄せられた相談は300件以上にのぼることが分かりました。

 

【スポンサードリンク】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です