堀島行真 金メダルへの練習法がすごい!父や姉とのモーグル漬け骨折の過去

モーグルの堀島行真選手(20)が平昌オリンピックで金メダルに近い男として注目されています。オリンピックにたどり着くまでには、出身地である池田町での練習、父や姉とのモーグル漬けで骨折の過去も。父へ初めての金メダルを獲った時の話も踏まえて、堀島行真選手の練習法、身長、スキー版、スポンサー、モーグル競技の動画まで深掘りです。
【スポンサードリンク】



モーグル堀島行真の身長、プロフィール


堀島行真 宇野昌磨の出身が中京大で仲が悪い?姉や父は?池田町での地名度がすごい

名前:堀島行真(ほりしまいくま)
生年月日:1997年12月11日
年齢:20歳
身長:170センチ
出身:岐阜県 池田町
中学校:池田町立池田中学校
高校:岐阜第一高等学校
大学:中京大学 スポーツ科学部
同期生:フィギュアスケートの宇野昌磨選手

【家族構成】
父親:堀島行訓 小学校教諭
母親:堀島則子  同じく教諭との噂
姉:堀島有紗(ほりしまありさ)
行真選手と同じ、中京大学 スポーツ科学部所属でモーグル選手

2017年3月の世界選手権で強敵キングズベリーを抑え、
大会史上初となる、モーグル、デュアルモーグルの2冠を達成。
同じ年の2月、札幌冬季アジア大会でも2種目制覇。
昨季のワールドカップランキングは19位。

堀島行真のモーグル競技って?

ちなみにモーグルとは

フリースタイル スキー競技の一種目。こぶ状の隆起が続く斜面でジャンプやスピードを競う。

モーグルとデュアルモーグルの違い

モーグルは1人ずつ滑り、ターン60点、エア(空中技)20点、スピード20点の計100点満点で採点され得点を競う。

 デュアルモーグルは2人が同時に滑り、主要大会ではターン4人、エア2人、スピード1人の計7人の審判が各5点の持ち点を選手2人の評価に応じて配分。合計得点の多い選手が勝者となる。

モーグル、デュアルモーグルの2種目で優勝したのは史上初で

平昌オリンピックに向け堀島行真選手がいかに調子が上がっているか

期待が大ですね。

堀島行真のモーグル動画

こちらは、平昌オリンピック予選での堀島行真のモーグルの動画です。

堀島行真選手のスキー版、スポンサーはどこ?

 

堀島行真選手も、モーグルでは大人気の大阪のブランド

「ID one」(アイディー・ワン)のスキー板を愛用しているようです。

堀島行真選手のその他のアイテムの

ブランド一覧はこちらです。


ゴーグル:SWANS
グローブ:トーバート
ネックウォーマー:GIRO
ビンディング:LOOK
ブーツ:REXXAM『XX LIMITED』
ウェア:ONYONE(オンヨネ)

 

こちらは堀島選手のご家族での画像です。

とても仲が良さげなご家族です。

次はこの家族で掴んだ堀島行真選手の金メダルへの練習法に迫ってみます。

【スポンサードリンク】



堀島行真の金メダルへの練習法、父や姉とのモーグル漬け骨折の過去

堀島行真選手がスキー板に初めて触れたのは1歳の時。
スキー好きの両親の影響から自然とスキーにのめり込んでいったようです。
モーグル競技を始めたのは小学校4年生のとき。

おそらく、姉の堀島有紗(ほりしまありさ)選手ももう少し早くか、
同時期にモーグルを兄弟で始めたのではないでしょうか。

小学校の夏休みには、出身地である岐阜県の池田町から三重県の桑名市に毎日通っていたそうです。
その距離は、車で片道1時間以上かかる距離。
それを小学校教員である父親の行訓さんが送迎してくれていたそうです。

通う目的は、夏場でもエアを磨くことができる、ウオータージャンプ場があったこと。
1日50本以上も水に飛び込み続け、肋骨(ろっこつ)を折る大怪我もしたことがあるようです。
それでも練習をやめなかった、小学校時代の堀島行真選手。
モーグルが好きな気持ちと負けず嫌いな性格からでしょうか、
この時から世界一が見え始めています。

練習を終えると行訓さんは撮影したビデオを見返し、
感じたことをノートに書き綴っていたといいます。
その名も「ウォータージャンプ日記」。

A4サイズの紙に、鉛筆で1時間以上かけ執筆、1日1枚びっしりと。
夏休みは毎日欠かさなかったということ。
この毎日の練習と、反省と気づきの日記が、堀島行真選手の最大の武器である得意技の
後方宙返り2回ひねりの「ダブルフルツイスト」や3回転の「コーク1080」最高難度のエアを生み出した、と
父親の行訓さんは語っておられました。

「やりたい技」
「つかんだ感覚」
「失敗の原因」

これを何度も堀島行真選手ビデオを見ながら、思考していたといいます。

モーグルが好きだからこそ、のめり込んだ、続けられた。
小学生時代の、父とともに歩んだ「ウォータージャンプ日記」こそが
今の堀島行真選手のエアの「生みの親」と言えそうです。

中学生になると10万円もする約7メートルのトランポリンを父が購入し、跳んでいたといいます。
雪がなくても、トランポリンで空中感覚を体に覚え込ませたそうです。

世界選手権の優勝に、堀島行真選手からは
「金メダル取りました。頑張りました」
と電話があったそうです。

堀島行真選手の小学校の卒業文集の夢は「五輪に出ること」。
すでにこれは叶いました。
あとは平昌オリンピックでも、金メダル!
父親の行訓さんの期待も高まります。

まとめ

これまで堀島行真選手の

  • 出身地池田町での練習
  • 父や姉とのモーグル漬けで骨折の過去
  • 練習法
  • 身長
  • スキー版、スポンサー
  • モーグル競技の動画

などをみてきました。

気になる平昌オリンピックフリースタイル男子モーグル決勝の日程はこちらの日程予定です。

男子モーグル決勝  2月12日(月) 19:30~20:00  21:00~22:50

金メダル、ぜひ獲っていただきたいです。期待してます!

【スポンサードリンク】





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA