小室哲哉 文春批判の嵐!ホリエモンあいつらメンヘラ、すぐ潰せる

音楽プロデューサーの小室哲哉さん(59)が文春に不倫スクープをされてから、引退に追い込まれたニュースで世論は文春批判の声も広がっている。それをかつて、ベッキーのゲス不倫の時から、文春を批判していたホリエモンが文春のことを「文春は大衆に攻撃されるとメンヘラ、すぐ潰せる」と発言して話題になっている。小室さんは、日本の音楽界では欠かせない才能の持ち主。世論の声は、果たして?

【スポンサードリンク】



エハラマサヒロ、アジカン後藤の文春批判に、ホリエモン「クソ文春のヤバさが大衆に浸透」

小室哲哉さんが文春砲によって、不倫に追い込まれたとして、文春を批判するコメントが

多数の芸能人によってツイッターで発言されました。

その例をあげると、エハラマサヒロさんとアジアンカンフージェネレーションの後藤正文さんです。

「雑誌がまた一人の天才を殺しました」と過激な言葉でツイートする エハラさん。


「些細な、誰かの人間らしい失敗よりも、露わにするべき悪事があるのではないか・・」

と社会的なメッセージを添えるアジカンの後藤さん。

また、ドラゴンアッシュ(Dragon Ash)桜井誠さんは 痛烈に文春を批判し、音楽への熱い想いも訴えました。どれもリツイート数やお気に入りの数が、一万を超えるものばかりで

その反響の大きさが伺えます。

 

こうした一連の芸能人と発言と世論に押し寄せるネットでの文春批判に対して、

かねてから、ベッキーのゲス不倫の暴露の時から、文春批判するホリエモンは

Facebookの投稿で

「やっとクソ文春のヤバさが大衆に浸透してきたか。結局こうなるしかないビジネスモデル」

とコメント。

さらに、ずっとホリエモンは文春批判をしていたにも関わらず、

文春が不倫などの大スクープを報じる度に、

世論はより期待をしていたことについても違和感と怒りがあったのだろう。

文春に対して、「メンヘラ」「すぐ潰せる」と攻撃的な言葉で締めくくっている。

これは、ホリエモンも認める、才能ある芸能人や文化人、財界人に政界といった人物が文春砲によって潰れてきたことの不満と怒りが感じられる。

「誰得と言い続けてきたの俺だけ。ベッキーの頃は持ち上げてる奴らばっか。俺だけがベッキーの頃からクソ文春と言い続けてきた」

「こいつらは調子に乗って部数稼げてるって思い込んでるだけだから、大衆から攻撃されるとすぐメンヘラになる。すぐに潰せる」

【スポンサードリンク】



小室哲哉の不倫、引退の文春砲に世論はどう感じた?

次に、一般の人たち、世論が文春に対してそう思っているかを
調べてみました。

<文春批判、嫌い派>

<文春擁護、自分たちを攻める派>

まとめ

「小室哲哉さん引退」を追い込んだ週刊文春の不倫スクープからの文春批判、

またホリエモンや多数芸能人の発言や、世論の意見をみてきました。

まず感じたことは、

小室哲哉さんは本当に、素晴らしい音楽を創り出してきて、

みんながそれを愛しており、その存在の大きさを思い知らされたこと。

「小室さん、そんなにファンじゃないけど・・」と言いながら、

衝撃を受け、何か言いたいことがある人は多数いることがわかりました。

 

日本人は狭い島国なこともあって、

隣人の噂話や芸能人のゴシップが大好きな人種だともされています。

実のところ、今までは文春を散々持ち上げていたのに、

ホリエモンのように意見を大きく取り上げられる著名人や、

有名なバンドマンが文春を批判しだしてから

急に文春批判に寝返った、という人も多いのではないでしょうか。

どっちが正しいとは言えませんが、今回の

小室さんの引退、文春批判についての、著名人と世論の声を紹介して

終わらせていただきます。

お付き合い、ありがとうございました。

【スポンサードリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です