丸岡いずみ うつから代理母出産で子供もつ!費用, 日本の問題点は

『奇跡の38歳』で注目を浴びたフリーアナウンサー丸岡いずみさん(46)と映画コメンテーター有村昆さん(41)の夫婦が代理母出産で男児の子供誕生、いずみさんは46歳で母。うつ病を乗り越え、5年の不妊治療の末、2度の流産を経験し、代理母出産で子供を持ったいずみさん。不妊治療の現在、また代理母出産の費用や日本の問題点とは。

【スポンサードリンク】



丸岡いずみ46歳、うつ、5年に渡る不妊治療、2度の流産経験し、代理母出産を決意、男児授かる

丸岡いずみさんは、うつ発症、5年に渡る不妊治療、2度の流産経験し、

2016年、丸岡いずみさんが45歳のとき、はじめて代理母出産を提案。

様々な困難をご主人の有村昆さんと乗り越え、2018年1月23日ロシアの地で代理母出産で

3400gの念願の男児の子供を胸に抱くことができました。

 

丸岡いずみと有村昆の夫婦の子供の写真、画像は?

丸岡いずみさんの公式サイトで代理母出産で授かった子供と

夫婦の温かい家族写真、画像が公開されていました。

とても幸せそうで、可愛らしいお子さんの画像です。

 

丸岡いずみ46歳、代理母出産に至るまでの苦悩の日々

丸岡いずみさんは「奇跡の38歳」と呼ばれるアナウンサーだったが

2011年、東日本大震災の取材の影響で異変を感じ、その後うつ病発症

当時交際中の有村昆から、

「鬱を乗り越えようと思わなくていい

 うつ病はいずみの個性」と励まされる。

2012年、ついに結婚。この時妊娠していたと言います、

しかし、妊娠10週目、に一度目の流産をしてしまいます。

 

2013年、不妊治療開始、半年後妊娠。

しかし、また流産

子宮の内膜に問題あり、内膜を治す治療を始めた。

赤ちゃんのベッドを整える治療、をしていた。

年齢と体力、精神、金銭的な面で辛かった。

有村昆「いずみの気持ちを考えるともう子供はダメだよ」

先の見えない不妊治療の日々。これはうつの時と同じ。

一歩手前に来ている感じだったほど、追い詰められていました。

不妊治療で同じ問題を抱えている多くの方が、同じ精神状態に犯されている実情をわかっていただきたいですね。

【スポンサードリンク】



丸岡いずみ 先進国のアメリカではなくロシアでの代理母出産を実現

2016年、丸岡いずみさんが45歳のとき、はじめて代理母出産を提案してきました。

その時、有村昆さんは養子を考えていたが、いずみの熱意に応えるため、代理母出産を決意。

海外での代理出産。

この選択は理解を得られるものなのか。

5年に渡る不妊治療、2度の流産を経験。

それよりも母になりたいという、強い気持ち。

代理母出産に「大きな壁」半ば諦めかけていたそうです。

代理母出産はアメリカは先進国。

しかし先進国なだけに、規制がかかっている諸外国の人が殺到していて実現が難しい。

そして実現可能なロシアで、今回の代理母出産を成功させ、子供を持つことが実現されました。

 (出典元:ミヤネ屋)

代理母の方となんどもやりとりを交わし、やっと出産できたということです。

有村昆さんは、過去の苦労を振り返って、生出演のテレビの中でも号泣。

代理母出産までの、不妊治療までの道のりがどれだけ辛かったかが想像できます。

丸岡いずみさん達、夫婦の貯金はほとんどこれに費やしたそうです。

有村昆さんの有名なデロリアン、もう二度と買わない、そうです

 

代理母出産の問題点、デメリット

 (出典元:ミヤネ屋)

代理母出産は高額で海外で行うことなので、トラブルに見舞われることもあるようです。

代理母出産に一番多いのが、依頼者と代理母との間のトラブルです。

具体的には、妊娠が進むにつれ胎児に障害がみつかるなど代理母と依頼人との間で引き取る引き取らないなどという問題です。

また依頼者と代理母とをつなぐ、仲介業者も最後まで付き添ってくれる信頼できる業者を選ぶ必要があります。

また、産まれた子どもにとっては、本当の母親は誰なのかという心の問題もあります。

代理母出産の契約内容は、しっかりと。トラブルを避けるため、宗教のことなどエージェントを通して綿密にしっかり行う必要があるとのことです。

代理母の方々は、どうしても恵まれない夫婦のために、

「奉仕の精神」で代理の母の役目を選んでいるようでした。

 

代理母出産にかかる費用は?

現在、日本では規制されているため

アメリカでおよそ1000万~2500万円

ロシアやウクライナでおよそ500万~1000万円

と高額になっています。

 

代理母出産にかかる期間

仲介業者との面談や代理母探しに至るまで、準備から出産まで1年以上かかる。

 

まとめ

代理母出産は日本では法的に禁止されてはいませんが、

倫理的な問題もあり、日本産科婦人科学会などの方針で原則認められていないそうです。

代理母出産を望む日本人夫婦は、国内の仲介業者を通じてアメリカやロシア、

東南アジアなど代理母出産を認める国に行って、念願の子供を持つことができるようです。

倫理的な問題がありますが、少子高齢化の日本の現状の中で、

代理母出産の問題点を乗り越え、不妊治療に悩む夫婦のために実現可能な社会になることを望みます。

【スポンサードリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です