与沢翼リップル(XRP)仮想通貨ツイッターで高騰大予想!次の投資先は?

与沢翼が注目し1億円投資している仮想通貨は、リップル(XRP)!!

現在、650万XRPを所有しています。

2018年1月8日23:40時点で、326円×650XRP=21億1900万円となっております。

当時650万XRPを1億円で取得!!現時点で約20億円の含み益を出しています。

今回は与沢翼が仮想通貨のリップル(XRP)をなぜ注目するのか、

過去のツイッターで赤裸々に明かす大予想を大公開。

また次に狙っている仮想通貨の投資先は何なのか、迫っていきます。

 

【スポンサードリンク】



与沢翼が勧めるリップル Ripple (XRP)とは

リップル(Ripple)は、ビットコインは始めとするブロックチェーンを利用する送金とはまったく異なるシステムです。 ビットコインは決済をする場合、3〜5分ほど、長い場合は10分以上時間がかかってしまうことがあります。 こういった取引の長さを解消し、数秒で送金を可能にしたものがリップルです。リップルはグーグルが出資したことでも話題になりました。

ビットコインは、承認作業にプルーフ・オブ・ワークが使われていますが、リップルは独自に開発されたコンセンサシステムによって承認作業が行われ、このシステムは非常に早く、ビットコインではやく10分かかっていたものがリップルでは数秒で行うことができます。

(コインチェック公式サイトより出典)

 

なぜ、与沢氏が当時のリップルを買ったのかがわかる動画です。

↓↓↓↓

 

リップル(XRP)仮想通貨、以前は否定的だった与沢氏

以前、与沢氏は仮想通貨市場に否定的でした。

理由は、

①株のように配当がない

②中国が市場を占めている

③今現在住んでいるドバイでビットコインが使用されていない

④税制の問題

上記のようものでした。

 

しかし、与沢氏は仮想通貨に対する見解が変わってきました。

仮想通貨に対する与沢氏の現在の考えは下記になります。

まとめを見るとかなりXRPを押しています。

以下、なが〜い与沢翼のツイッター投稿が続きます。

 

仮想通貨市場で否定的だった、与沢氏の考え方はリップル(XRP)との出会いによって変化していました。

 

【スポンサードリンク】



リップル(XRP)他の仮想通貨との比較、その優位性と将来性

リップル(XRP)は、他の通貨と比較するとかなり優位性があります。

こちらをご覧ください。

↓↓

 

 

 

XRPの時価総額が現時点でイーサリアムを抜いて2位なのにも関わらず、

現時点でBitcoinを扱っている取引所の6〜7分の1しかないとのこと。

これからXRPを扱う取引所が増えていくの間違いありません。

 

今後の上場の予定は下記になります。2018年1月8日(月)時点

・DMM(日本)

・SBIVC(日本)

・SBIMAX(香港)

・BitFlyer(日本)

・BitOasis(アラブ)

・Coinsquare(カナダ)

XRPへ資金が流入しそうですね!!

 

与沢翼が狙っている次の仮想通貨の投資先は?

今後、20億円の含み益を出した与沢氏がXRPの次に投資をする通貨探しているとの話がありました。

どのような仮想通貨に投資をするのでしょうか?

1億を21億へ倍増させた与沢氏の次の投資先も高騰する可能性があります。

消去法ですが与沢氏は下記の通貨には投資しないとツイッター(Twitter)動画で言っていました。

・XP

・tron

・モナコイン

・XEM

 

消去法ですが与沢氏は上記の仮想通貨以外から投資をされるようです。

今後の与沢氏のツイッター(Twitter)の動向に注目です!

ぜひ参考にして下さい。

 

 

※投資に絶対はありませんので、投資をする場合は自己責任でお願い致します。

 

【スポンサードリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です