井手尾浄太 顔画像 刃物男と目が合う瞬間…京橋駅発砲事件【都島区東野田町】

大阪の京橋駅付近の都島区東野田町での警官発砲事件、
巡査長にナイフを突きつけたのは

刃井手尾浄太容疑者でした。
刃井手尾浄太容疑者の顔画像がはっきりわかる画像です。

京橋駅発砲事件の全貌と場所も。

【スポンサーリンク】



井手尾浄太 顔画像 刃物男と目が合った瞬間

<京橋駅発砲事件の事件の全貌>

大阪の繁華街・京橋で18日正午頃、職務質問を受けていた男が刃物で警察官に襲いかかり、警察官が拳銃を発砲した。男は現行犯逮捕されたが、あたりは一時騒然とした。

18日正午前、警察官2人が不審な2人組に職務質問したところ、うち1人が「殺すぞ、任意やろ」などと、ナイフを巡査長に突きつけた。巡査長は刃物を捨てるよう警告したが、男が応じなかったため、拳銃で男の足元に一発発砲。銃弾は男の右足を貫通し、建物の壁にはその跡とみられるものが残っていた。井手尾浄太容疑者は公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕され、もう1人はそのまま逃走している。

現場では、警察官が空に向かって撃っていたと話す人もいた。大阪府警は「適正な拳銃使用だった」とコメントしている。

(出典:日テレNEWS)

ナイフを持ったまま「殺すぞ」と近づく井手尾浄太容疑者に、
巡査部長は拳銃を前に突き出したまま、後ずさったそうです。
見ていた人によると
「撃つぞ、刃物を捨てろ!」と警察官は井手尾容疑者に叫びます。
2人は見合ったままでしたが、
井手尾容疑者は「殴るぞ、殺すぞ」とナイフで威嚇し続けていたよう。
井手尾容疑者の後ろが事件に集まった人達でなくなり、
容疑者の後ろがビルの壁になった時、
即座に巡査部長は発砲したといいます。

井手尾浄太容疑が巡査部長を脅したナイフは

『バタフライナイフ』ということです。

バタフライナイフとは

一枚のブレード(刀身)に、溝のついた二分割されたグリップ(柄)がついており、ブレードを上下からはさむように収納するのが特徴。開く際には二つのグリップがそれぞれブレード根本のピンを中心に約180度回転する(一部に例外あり)。

(出典:画像wiki)

井手尾浄太容疑者が逮捕された瞬間の顔画像は笑ってる?不敵な笑み

<井手尾浄太容疑者が取り押さえられた瞬間の顔画像>

 (画像元:日テレNEWS)

  • 井手尾浄太(いでおじょうた)容疑者
  • 職業不詳
  • 年齢:25歳
  • 公務執行妨害の疑い
  • 住所不明

上の画像は井手尾容疑者から刃物で威嚇され

巡査部長が足に向かって発泡、その直後の

井手尾容疑者が警官に取り押さえられている画像になりますが、

その画像がまさにカメラの方を向いているので

井手尾容疑者と目が合ったような画像になっています。

警察官に威嚇して、足が撃たれ、取り押さえられたことが

面白いのでしょうか。。

井手尾容疑者の目と合ったような画像に

何とも背中が凍りつくような気持ちになります。

京橋駅 警官発砲事件の瞬間画像と動画! 刃物男 井手尾浄太は右足負傷【都島区東野田町】

2018.02.18

 

【スポンサーリンク】



井手尾浄太 京橋駅発砲事件【都島区東野田町】の場所

井手尾浄太容疑者が逮捕された、
京橋駅発砲事件事件が起きたのは
HIS京橋駅前営業所の目の前。

京橋駅から数百メートルの場所になります。

【井手尾浄太容疑者が撃たれた瞬間の画像に衝撃!近づいていく様子が恐怖】

京橋駅 警官発砲事件の瞬間画像と動画! 刃物男 井手尾浄太は右足負傷【都島区東野田町】

2018.02.18

【スポンサーリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA