Hello !!

勝田州彦(筒塩侑子ちゃん事件)は”腹部刺す”興奮と異常な性癖の人物像、2015美少女通り魔犯人だった

2004年9月3日、岡山県津山市で小学3年生の女児の筒塩侑子ちゃん(当時9)が殺害された事件で、兵庫・姫路市で起きた兵庫県姫路市で2015年5月、女子中学生がナイフで腹部などを何度も刺される殺人未遂事件で服役中の勝田州彦容疑者が関与をほのめかし、近く逮捕される。

勝田州彦容疑者は、”腹部刺す”ことへの異様な執着、興奮と、少女が苦しむことへの異常な性癖という人物像に恐怖です。

スポンサーリンク




勝田州彦(くにひこ)容疑者の”腹部刺す”興奮と異常な性癖の人物像


(出典:NNN)

「少女が苦しむ姿が見たかった」
2015年5月、兵庫県姫路市で女子中学生がナイフで腹部などを何度も刺される殺人未遂事件があった。その犯人が勝田州彦(くにひこ)容疑者

「少女が苦しむ姿」=性的興奮

だといういう、異常な性癖の勝田州彦(くにひこ)容疑者は
長時間街を徘徊、好みの女子中学生を見つけると、

「ちょっといい?」
と、帰宅途中の当時中3の美少女に声をかけ、
腹をなんども刺し、大声を出されたため、自転車で逃走したそうです。

当時14歳の女子生徒に命に別状はなかったようですが、
全治1ヶ月の重症。

身体の傷も大変なものですが、
精神的にどうでしょう。

女子生徒の一生を左右する、
とてつもない事件だと思います。

海外ドラマの「クリミナル マインド」に一回ハマったことがあるのですが、それは異常犯罪者の事件を追うドラマでした。まさに、そのドラマの犯人に当てはまる勝田州彦(くにひこ)容疑者の精神性。

スポンサーリンク




 

勝田州彦容疑者の過去、異常な精神性になった原因はイジメ

どのように、勝田州彦容疑者のような
“腹部刺す”興奮
「女性が苦しむ姿」へ性的興奮、異常な性癖が生まれた、
その経緯と原因は、

勝田州彦容疑者が中3の時に受けたイジメがきっかけのようです。

その悲しさ、虚しさ、怖さを紛らわせるために
「自分の腹をさす行為」が自傷行為が始まったそうです。

のちに、ストレスがかかる度に、
この自傷行為をするようになり、

美少女キャラのアニメにハマると
その自傷行為をそのアニメキャラ(美少女)にも当てはめると

それが「性的興奮」に変わったようです。

 

勝田州彦容疑者、筒塩侑子ちゃん殺害の経緯

亡くなられた筒塩侑子ちゃん、
弾けるような笑顔、とても可愛い顔をされています。

事件が起きたのは、夏休みが明けたばかりの2004年9月3日午後。

津山市の住宅で、筒塩勝義さんの二女、侑子ちゃん(当時9)が小学校から帰宅直後、1階の部屋で、胸や腹など数ヵ所を刃物で刺され、殺害された。

これまでの調べで侑子ちゃんの着衣に乱れはなく、また室内が荒らされた形跡もなかった。

侑子ちゃんが帰宅したのは午後3時15分頃。
犯行時間は、その後発見されるまでの約20分間の間とみられている。

県警は、不審な人物の洗い出しや、遺留品がないかなど、捜査を進めてきた。
しかし、犯行に使われた凶器も見つからず、捜査は困難を極めていた。
(出典:FNN)

当時の事件のあった、筒塩侑子ちゃんの自宅の鍵は開けっ放しで、鍵がかかってなかったそうです。そこへ、学校から帰ってきた筒塩侑子ちゃんが事件に巻き込まれたようです。

■現在は2015年の通り魔事件で服役中
■名前:勝田州彦容疑者
■年齢:39歳
■住所:兵庫県加古川市(2015年5月当時)
■職業:無職(2015年5月当時)

<被害の女の子>
■筒塩侑子ちゃん
■当時の年齢9歳

着衣の乱れがないこともあり、犯人の目的もわからないまま残虐な行為がされており、筒塩侑子ちゃんの父親もどうして娘が殺害されたのか、その殺害動機は、「理解不能」とされていました。

勝田州彦容疑者がこの事件の犯人だと判明し、家族は事実が解明されましたが、その人物像と性格、性癖、、

この真実を知って、ただただ悲しみが増幅することも考えられます。

筒塩侑子ちゃんに心よりお悔やみ申し上げます。

 

勝田州彦容疑者逮捕、2015年兵庫県姫路事件と2004年岡山県津山市事件の場所

2015年兵庫県姫路事件と
2004年岡山県津山市事件の場所。

県をまたいでおり、距離はどうなのか、
地図で調べてみると
車で1時間半もかからず到達できました。

岡山県津山市といえば、
有名な八つ墓村のモチーフとなった
大量殺人事件のあった土地なのです。

津山事件(つやまじけん)または津山三十人殺し(つやまさんじゅうにんごろし)は、1938年(昭和13年)5月21日未明に岡山県苫田郡西加茂村大字行重(現・津山市加茂町行重)の貝尾・坂元両集落で発生した大量殺人事件。 一般には津山事件と呼ばれ、犯人の姓名を取って都井睦雄事件ともいう。

犯行が行われた2時間足らずの間に28名が即死し、5名が重軽傷を負った(そのうち12時間後までに2名が死亡)。なお、犯行後に犯人が自殺したため、被疑者死亡で不起訴となった。

横溝正史が同じく大量殺人を扱った八つ墓村のモチーフにした事件とも言われる。
(出典:wiki)

勝田州彦容疑者は、何か思うことがあって
岡山県津山市に訪れ、
筒塩侑子ちゃんの犯行を実行したのか、

それとも、何も関係なく
この地、津山市を訪れたのか、

詳しい警察の捜査での動機解明が急がれます。

まとめ

恐ろしい事件が多くないでしょうか。

それも子供を狙った、悪質な事件。

精神異常で済まされない、然るべき対応をお願いしたい。

そしてやはり、小児性愛者やレイプといった
性犯罪者の名前を公開してほしいと純粋に思うのです。

人権も大事なのはわかりますが、この悲しみをどこに持っていけばいいのでしょうか。

 

関連記事のIDを正しく入力してください 関連記事のIDを正しく入力してください 関連記事のIDを正しく入力してください 関連記事のIDを正しく入力してください 関連記事のIDを正しく入力してください

スポンサーリンク




2 Comments

匿名

時代は流れても、皆さんの意識改革が皆無で。差別は無くならないでしょ?
私は変態に声をかけられました。未遂に終わったようですが、犯人は捕まらず。平穏無事、長寿を全うした事でしょう。
私の心は傷ついたままです。癒える事すら無い。

返信する
ああさ

私も勝田氏のような性癖を持っているのですが
この事件で同じ性癖を持つ人を差別しないか心配です
たしかに異常かもしれませんがリアルでやる人はあまりいません
なので性癖のせいだと決めつけないでください

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA