流行語大賞ノミネート!大賞はスーパーボランティア?12月3日に発表!

2018年流行語大賞ノミネートに「あおり運転」「おっさんずラブ」「翔タイム」「#MeToo」「仮想通貨・ダークウェブ」など、

年末恒例の「2018ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選)の候補30語が発表されました。

自然災害が多かった2018年。
流行語で大賞は願いもこめてスーパーボランティア?

スポンサードリンク



2018年流行語大賞ノミネート30語!

毎年恒例、大賞に選ばれた芸人は
消えていくと名高い、

年末恒例行事、
2018年流行語大賞
ノミネート30語が発表されました。

2018流行語大賞ノミネート候補30語
  1. あおり運転
  2. 悪質タックル
  3. eスポーツ
  4. (大迫)半端ないって
  5. おっさんずラブ
  6. GAFA(ガーファ)
  7. 仮想通貨・ダークウェブ
  8. 金足農旋風
  9. カメ止め
  10. 君たちはどう生きるか
  11. 筋肉は裏切らない
  12. グレイヘア
  13. 計画運休
  14. 高プロ(高度プロフェッショナル制度)
  15. ご飯論法
  16. 災害級の暑さ
  17. 時短ハラスメント(ジタハラ)
  18. 首相案件
  19. 翔タイム
  20. スーパーボランティア
  21. そだね―
  22. ダサかっこいい・U.S.A
  23. Tik Tok
  24. なおみ節
  25. 奈良判定
  26. ひょっこりはん
  27. ブラックアウト
  28. ボーッと生きてんじゃねーよ!
  29. #MeToo
  30. もぐもぐタイム
スポンサードリンク



 

2018年流行語大賞ノミネートにネットの反応は

 

2018年流行語大賞は「スーパーボランティア」?

2018年は豪雨、台風、地震に酷暑と過酷な自然災害がとても多かったですね。

西日本豪雨での被害は甚大なものでした。

2018年流行語大賞候補にノミネートされた
「スーパーボランティア」と言えば、
山口県で3日間行方不明になった
2歳児を見つけたスーパーボランティアの
尾畠春夫さんですね。

平成最後の流行語大賞になるので、お笑い芸人の「ひょっこりはん」になるよりも、社会のために役に立つ言葉が選ばれて欲しいものです。

選考委員はこちらの方々。

  • 姜尚中(東京大学名誉教授)
  • 金田一秀穂(杏林大学教授)
  • 辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)
  • 俵万智(歌人)
  • 室井滋(女優・エッセイスト)
  • やくみつる(漫画家)
  • 清水均(「現代用語の基礎知識」編集部長)
平成最後にふさわしい2018年の振り返りをしていただきたいですね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA