斉藤久美子(90)の顔画像 信号無視が事故の原因!松浦久恵さんら被害4人車事故【茅ケ崎元町交差点】

神奈川県茅ケ崎市の交差点で斉藤久美子容疑者(90)が車事故を起こし松浦久恵(57)さんが亡くなり他3人がケガ。その斉藤久美子容疑者の(90)の顔画像が公開。また赤信号をわかったうえで通過、犯行動機とは言えないが、この信号無視が結果、死亡事故の原因に!
加害者も被害者もその周りの家族たちも傷つく悲しい事故は止められないのか。
高齢者の止まらない車事故について考えてみました。

スポンサーリンク




斉藤久美子容疑者(90)の顔画像【茅ケ崎元町交差点の車事故】


(出典:テレ朝)

神奈川県茅ケ崎市の元町の交差点で斉藤久美子容疑者(90)が松浦久恵(57)さんが亡くなり、3人が軽傷の事故、斉藤久美子容疑者(90)の顔画像が公開されました。


(出典:TBS)

この事故を初めて知った時、
90歳の高齢者による死亡事故に、正直またかぁ、とショックを受けました。
90歳という年齢になんとも言えない気持ちになりました。

そして、斉藤久美子容疑者(90)の顔画像も公開され、90歳という年齢を目の当たりにしました。やはり高年齢での車の運転は、判断低下が余儀なくされるので非常に怖い行為だと思い知らされました。

■名前:斉藤久美子容疑者
■年齢:90歳
■職業:無職


(出典:JNN)

<被害者>
■名前:松浦久恵さん
■年齢:57歳

■男女3人に軽傷


(出典:JNN)

スポンサーリンク




斉藤久美子容疑者の信号無視が事故の原因!【茅ケ崎元町交差点の車事故】


(出典:JNN)

斉藤久美子容疑者は、警察の取り調べで、

「赤信号とわかっていたが、歩行者が渡り始めていないので行けると思った」

「歩行者が来たので避けようとハンドルを切った」

と話されていたようです。

また、亡くなった松浦久恵さん、他軽傷の被害者に対して

「ごめんなさい、ごめんなさい」と、謝罪の言葉を繰り返しているという。

これらの供述から、この事故の原因は、

完全な斉藤久美子容疑者の信号無視。

90歳という年齢の判断力低下よりも
50年間、車を運転しているという過信が勝り、

「いける」

という判断に至ったのだと思います。

また3月には90歳という年齢で、
高齢者講習に合格し免許更新ができたという事実が
斉藤久美子容疑者の過信をさらに後押ししてしまったようです。

加害者は決して悪人ではないのに悪人になってしまう高齢者車事故の怖さ

まずは、亡くなられた松浦久恵さんのことを思うと、悲しいです。

また高齢者の方が、幼い子供を引いて死亡させてしまう、という事故も今までになんども目にしました。

こういう高齢者の過信や不注意から、
罪のない人たちが亡くなってしまうのは、悔しくてたまりません。

その度に、くそぉっ、、
という気持ちになります。

今回も90歳という加害者の斉藤久美子容疑者の年齢をみてそう思いました。

しかし、

「赤信号とわかっていたが、歩行者が渡り始めていないので行けると思った」

という斉藤久美子容疑者の素直な言葉と聞いて、ハッとしました。

斉藤久美子容疑者は悪人ではないはずです。

普通のいい人で、人に害を与えようと生きてきたわけでもない。
じゃないと、こんなに素直に「赤信号とわかっていた」なんて
すぐに言えませんよね。

本当に自分でも信じられない事故だったのだと思います。

罪は高齢者の自動車運転を許していること

こう言ってしまっては、自動車がないと生きていけない地方の方からどうすればいいの?

という声が聞こえます。
自分の両親も斉藤久美子容疑者ほどではないですが、歳を重ねていますが、運転しています。

ただ、両親が自分たちの過ちを認めずらいということ、
いつまでも若い、と認識しているのは同じところがあります。

こういう過信と判断低下から、高齢者の事故は誰にでも起こりうることはよくわかります。

車の事故でさえ、車を運転している人には誰にでも起こりうる、
凶器に乗っているという事実をもっと認識すべきですが、

高齢者は判断低下のリスクから、
車事故の確率は明らかに上がるといえます。

今回の事件で、高齢者の運転について
忍耐強く、周りの家族が話し合うこと

自分も含め、反省させていただきます。

亡くなられた松浦久恵さんにはお悔やみ申し上げます。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA