仲内隼矢 金崎大雅 菅野弥久 少女16歳の顔画像と関係性は?放火殺人の罪は重い?【千葉県印西市】

千葉県印西市竜腹寺の木造平屋建て民家が全焼、

この家に住む海老原よし子さん(55)が亡くなった

放火殺人罪の容疑で仲内隼矢容疑者と菅野弥久容疑者、

金崎大雅容疑者、少女(16)の4人が逮捕。

4人の顔画像と関係性は?

また放火殺人の罪の重さ、

放火が殺人より重い?噂についても調べてみました。

スポンサーリンク




仲内隼矢 金崎大雅 菅野弥久 少女16歳の顔画像と身元は?【千葉県印西市放火殺人】

仲内隼矢容疑者
住所:東京都墨田区東墨田3
職業:不詳
年齢:20歳

菅野弥久容疑者
住所:不明
職業:不詳
年齢:20歳

金崎大雅容疑者
住所:印西市草深
職業:不詳
年齢:20歳

少女(16)
住所:都内
職業:不詳
年齢:16歳

4人の放火殺人の容疑者の顔画像がわかりました。

金崎大雅、仲内隼矢容疑者の人柄は…

容疑者の1人、金崎大雅容疑者の祖父によると、

「あちこちでアルバイトをやっていた、定職に就けないで
高校も途中で…」

と金崎容疑者について答えていました。

また容疑者の1人、仲内隼矢容疑者の知人によると

かつて甲子園を目指していた。夜中も素振りをする好青年
野球の全寮制に行っていたが、怪我かなんかで野球を辞めた。
東京から帰ってきて、派手になった。髪を染めたり
だんだんヤンキーっぽく。ヤンキーの友達もいた」

と仲内容疑者について、語っていました。

スポンサーリンク




仲内隼矢 金崎大雅 菅野弥久 少女16歳の関係性は?放火殺人の動機は?【千葉県印西市放火殺人】

仲内隼矢容疑者と菅野弥久容疑者、

金崎大雅容疑者、少女(16)の4人が

逮捕されたのは18日昼ごろで捜査員が発見。

静岡県富士市のドライブインの駐車場にいたところを

確保されたようです。

2人の20歳の男と女、都内に住む16歳の少女。

16歳の少女がこの中で異質ですが、

女子高生、と明記してないあたり高校には通ってないようですね。

普通に考えると4人の関係性はよくつるむ遊び仲間、と

推測してしまいますが、16歳の少女は20歳の男2人のうち

誰かの「彼女」であるかもしれないです。

しかしこの4人の関係性は想像なだけで、

4人の放火の動機が殺害目的、と報じられているので

殺害のために集まった4人ということも考えられます。

事件の真相である、4人の動機と関係性がやはり気になるところです。

 

【追記】

やはり4人は遊び仲間で少なくとも4人のうち1人が この火災現場の住人で行方不明となっている 海老原よし子さん(55)と知り合いだということで、 日頃からこの家に溜まっていたそうです。

近所に住んでいる人のインタビューでは、

「ヤンキーっぽい、金髪の子が来ていた。

なんなんだ、この子達はってくらい若い子」

「普段は内容までわかるほど大きな声で喋るのに、

火災事件の前日に人が入っているのに声が聞こえないのが

不思議だね、と話していた」

と答えています。

 

放火殺人の動機は?

報道によると

4人は共謀して17日、印西市竜腹寺の民家に殺意をもって火を付け、1人を殺害したとしている。(出典:産経新聞)

とあるので、4人の放火の動機が殺害目的、であり

何かしらの恨み、お金

などの原因で、計画的に放火をして殺害したようです。

【追記】
事件の動機が解明してきました。
仲内隼矢、金崎大雅、菅野弥久、
少女16歳の4人の容疑者らの供述によると

『居候していた所におばあちゃん(海老原よし子さん(55))がいて、
金銭のもめ事が起こった』
『ボコボコにした後、灯油をぶっかけて、火をつけた』
『お金を返してくれなかった。頭にきたので火を付けて殺した』
「放火する前に殴る蹴るの暴行を加えた』

と事件について供述しているようです。
ひどい内容でこわすぎますね。
金崎容疑者らが灯油をまいて放火したようです。

仲内隼矢 金崎大雅 菅野弥久 少女16歳の放火殺人罪の重さは?死刑か無期懲役…!?

放火殺人事件の全貌

17日午後5時ごろ、千葉県印西市竜腹寺の木造平屋建ての住宅で火事があり、焼け跡から性別不明の1人の遺体発見。この家には海老原よし子さん(55)が1人で住んでいましたが、連絡が取れておらず、遺体は海老原さんの可能性が高い。

現場の状況や周囲の聞き込みなどから仲内隼矢容疑者と菅野弥久容疑者、菅野弥久 少女16歳の4人が事件に関わった疑いがあり逮捕。

放火殺人の火災現場は、北総鉄道北総線印西牧の原駅から東に約1キロの住宅と雑木林などがある静かな場所。

 

放火は殺人より罪が重い!?放火殺人の罪の重さ

まず放火自体が殺人と同じくらい罪が重い、とされているのが

  • 日本は木造建築が多く、家事が起きやすく被害が拡大する恐れがある
  • 火事によって住んでいる人が死にいたる危険性が高い
  • 火事が広がることによって、不特定多数の命の危険が高くなる

という理由があるそうです。

「放火」の行為自体はライターの火を放つだけ、だったとしても

その罪は重く、軽々しくできるようなものではない

ということですね。よって

「火」を用いて、たとえ殺人を犯すつもりはなくても放火をすることは、最悪な結果を引き起こす可能性がある悪質性を持っているために殺人と同等の重罪である

というようなことが言えるようです。

放火殺人の罪は、死刑に値する重い罪

現住建造物等放火罪(刑法108条)
内部に人がいることが明らかで、火をつければ中にいる人が死亡することが容易に想像できる、建物や乗り物に放火した時の罪です。死刑又は無期懲役もしくは5年以上の懲役になります。
判例では、死刑は死亡者が発生した場合に適用できるとされています。
その場合、殺意の有無は問いません。(殺意については、「殺人罪」の項を参照してください)(出典:http://www.i-souzoku.net)

正直、「放火」の罪を調べてみて

放火がこんなにも厳しい極刑を受けるとは知りませんでした。

上にあるように、放火は殺意の有無は問わずに極刑

とあります。

今回の千葉県印西市の3人の容疑者は20歳。

16歳の少女は「少年法」が適用され、1人罪が軽くなるのですね。

こちらも少し疑問が残りはしますが、難しい問題です。

たとえ、本当に苦しいぐらい人を恨みそうになっても

火を放つことは死刑、無期懲役の罪になる

ないとは思いますが、気をつけねばいけないですね。

読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA