広島 通り魔殺人の動機は自殺の道ずれか「何人か殺して・」犯人供述

14日午後10時ごろの、広島市安佐北区可部5の路上で70代男性と男子大学生が刺される、通り魔殺人事件の33歳、無職、高橋豪容疑者の動機がわかりました。動機は自殺の道ずれか、「何人か殺して自分も死のうと思っていた」と供述しているのです。

【スポンサードリンク】



通り魔殺人で逃走する高橋豪容疑者を、若い4人の男性が追いかけた

広島市安佐北区可部で、バス停にいた男性2人が高橋豪容疑者に刃物で刺され

殺人と殺人未遂で逮捕されました。

腹を刺された座山則男さん(75)が搬送先の病院で死亡、

20歳の男子大学生も刺され、命には別状はなく軽いけがを負いました。

近所の人によると事件を目撃した、若い4人の男性が犯人を追いかけて行った、という

証言が得られています。

4人の男性の勇気ある行動が、犯人逮捕に大きく役立ったのではないかと思います。

事件発生から、1時間半経過したごろ、殺人から逃走していた高橋豪容疑者(33)は

JR広島駅で緊急逮捕しました。

 

広島 通り魔殺人の動機は自殺の道ずれ「何人か殺して自分も死ぬ」

「何人か殺して自分も死のうと思っていた」

衝撃の殺人動機です。

高橋豪容疑者の33歳にして職業はなく、無職だということですがこれに関係あるかもしれません。

「自殺の道ずれ」とも言えるこの殺人動機には、多くの非難の声が上がっており、この心理に至る詳しい動機の解明が急がれます。

 

【スポンサードリンク】



 

広島 通り魔殺人の動機に「他人を巻き込むな」

高橋豪容疑者の無差別、通り魔殺人に対して、非難の声が上がっています。

 (Japan News Network,JNNより出典)

「他人を巻き込むな。」

「返す言葉もない。」

「身勝手すぎる。死ぬ勇気なんて無かったくせに。」

「自分も死のうと思ったって
生きてるじゃん

命落とした人ふびんだ、こんな奴に刺されるとか・・
ご冥福をお祈りします」

 

まとめ

高橋豪容疑者の事件発生から、すぐに逮捕に至ったのは

捕まる前に本人が関係者に「殺人をしてしまった」と連絡、

その関係者が警察に110番通報していたことが大きかったようです。

さらに現場では、犯人を目撃した「4人の若い男性」が犯人を追っていった、ということです。

これには危険が伴うので判断は難しいですが、

この4人の男性が犯人逮捕に一役買った、ということは大いにありますね。

 

人を巻き込んで死のうとする犯人、

自分の命が危ぶまれても、人助けをしようと追いかけた4人の男性。

複雑な思いです。考えるものがありますね。

高橋豪容疑者の殺人動機のさらなる解明を待ちたいと思います。

【スポンサードリンク】



 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA