Hello !!

桂歌丸 死因は慢性閉塞性肺疾患で死去、落語動画と円楽罵倒合戦動画で笑ってお別れしよう!

テレビ番組「笑点」で長く活躍した落語家、
桂歌丸(かつら・うたまる、本名椎名巌=しいな・いわお)さんが
死因は慢性閉塞(へいそく)性肺疾患で、
横浜市内の病院で死去されました。
かねてより、桂歌丸さんは病気を繰り返していましたが、
そこはプロ。

落語家の円楽さんには死亡いじり、ハゲいじりと
悲しみも笑いに変える素敵な関係でした。

歌丸落語動画と円楽罵倒合戦動画で笑ってお別れしよう!

桂歌丸さんの落語動画をみて、最後に笑って
歌丸さんを送り出したいですね!

スポンサーリンク




桂歌丸さん死去、死因は慢性閉塞(へいそく)性肺疾患

かねてより、病気を繰り返し、
入院退院を繰り返していた
テレビ番組「笑点」長く活躍した落語家、
桂歌丸(かつら・うたまる、本名椎名巌=しいな・いわお)さんが
(古典落語の名手として知られる落語芸術協会会長)

2日午前11時43分、
死因は、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患
横浜市内の病院で死去されたと発表されました。

小さい頃から、
毎週とは言えませんが
「笑点」の時間帯になると、
いつも桂歌丸さんの笑顔がテレビに映っていました。

円楽さんとの愛のある悪口合戦は
いつもほのぼの楽しい気持ちにさせてくれました。

晩年は、病気も多くされていて
やせ細り、観ていていたたまれない気持ちにも
なったこともありますが、

最後までプロの落語家として
表舞台に出演し続けた
桂歌丸師匠に、心よりご冥福をお祈りいたします。

うう、小さい頃から、ほんと観ていたので
さみしい。。

スポンサーリンク




 

病気で入退院、桂歌丸さん容体急変で死去

桂歌丸さんの容体は、急変して亡くなられたようです。

2日、午前11時43分、横浜市内の病院で亡くなった。81歳。死因は慢性閉塞性肺疾患(COPD)。4月19日の国立演芸場定席が最後の仕事となった。落語芸術協会によると、8月に国立演芸場で行われる中席での復帰に向け、病床でもリハビリを続けていた。噺家は高座で死ねたら本懐-。満身創痍の体で、最後まで高座への執念を見せていた。
(出典:デイリー)

4月24日から肺炎で入院しており、6月30日までは見舞いに訪れた関係者と話もできていたという。しかし、2日朝になって容体が急変。妻の冨士子さんらに看取られ、息を引き取ったという。葬儀は近親者で営み、7月11日午後2時から、椎名家・落語芸術協会合同によるお別れ会(告別式)を横浜市港北区菊名2-1-5の妙蓮寺で執り行う。

お別れに笑い飛ばそう!桂歌丸さんの落語動画

お別れに笑い飛ばそう!桂歌丸と円楽の罵倒合戦動画

桂歌丸 死去にみんなの声

『子供のころ、落語はよくわからなかったけれど、歌丸さんの自虐ネタ満載の笑点のおもしろさは、興味を持つきっかけになりました。楽しい日々をありがとうござました。』

『残念過ぎます
笑点での掛け合いがもう永遠に見れなくなったとは
ご冥福をお祈りします
五代目円楽師匠に会ってどんな会話をされるのか気になります』

『人生落語一本か
改めてすごい人なんだと思った』

『笑点のときは面白くて落語は聞きやすかったです。
とても楽しませていただきました。』

『長い間お疲れ様でした、あちらには小円遊さんや圓楽さんや談志さんが待っているでしょうね寂しいですが
ご冥福をお祈りいたします』

『入退院を繰り返されていた中、歌丸師匠もうダメかなと何度も思った。
でも、そのたびに必ず復帰されて。
不死身だなと。
高座にかける執念、笑点にかける思い、それが命を支えていたのでしょうね。
長い間お疲れ様でした。』

『苦しかったでしょうね。
肺気腫で酸素してるのに話さなきゃ仕事にならない。
体は辛かったでしょうが、
心は満たされたの最後だったと信じたい。
長い闘病生活をお悼みし、
ご冥福をお祈りします』

『生涯落語家を貫いたね。
カッコいいと思う。
歌さんの落語への想いや意思は、後輩達に受け継がれてるはず。
ゆっくり休んでくださいとか、言われたくないタイプの人かな。お疲れさまでした。』

『歌丸、楽太郎のやりとりは
他には出来ないよな
もう聞けないのは淋しいけど
この数年色々大変でしたし
心からお疲れ様でした
ゆっくり休んでください』

『小さい時は、笑点つまらんと思って見てました。でも、歌丸さんの面白さ、人柄の良さで毎週見る様になりました。これからも歌丸さんが頑張ってきた笑点楽しみに見ていきます』

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA