河野玄斗(げんげん)東大必勝の勉強法は大人こそ学ぶべき人生教訓!人生を必ず成功に導く法則




河野玄斗(げんげん)は東大医学部3年の在学中に

21歳という最年少で司法試験を合格したイケメン青年をご存知でしょうか。

その「神の脳」と称される河野玄斗(げんげん)の東大必勝の勉強法は

大人こそ学ぶべきのシンプルなその思考、考え方にありました。

彼の人生における戦略的思考、逆算思考で

成功に導く絶対的法則が明かされます。

スポンサーリンク




河野玄斗(げんげん)東大医学部、司法試験合格の勉強法

■河野玄(げんげん)プロフィール

名前:河野玄斗
愛称:げんげん
生年月日:1996年3月6日生まれ
年齢:21歳
身長:182.5センチ
体重:70kg
出身高校:神奈川県私立聖光学院高校
大学:東大医学部東京大学理科三類
好きな音楽:高橋優、miwa、ブルエンなど
好きなタイプ:TBSの宇垣美里アナ

■東大医学部在学中の2017年9月に司法試験合格
■第30回ジュノンスーパーボーイコンテストで30入り
■夢はマルチタレント

東大医学部で、司法試験合格、

高身長、イケメン、ジュノンボーイトップ30選出。

完璧すぎて怖いぐらいです。。

本当に東大医学部3年生の在学中に、

史上最年少で司法試験に合格されています!

河野玄斗(げんげん)の勉強法「全体像をまず把握」を力説

河野玄斗(げんげん)の現代文の勉強法

 


河野玄斗(げんげん)の数学の勉強法

スポンサーリンク




医学部在学中に司法試験に受かったダブルスタンダード勉強法のコツ

医学部って、課題が多くめっちゃ忙しいと

医学部に通って医者になった友人が言っておりました。

そんな忙しい学生生活の中で、

彼はどうやって時間を作り出し、

効率的な勉強ができたのでしょうか。

医学部の授業を出て、余力があれば司法試験の勉強をしていました。モチベーションがあるときにやって、ないときはやらないと決めて、ダラダラやらないようにしていました。0.7の効率で10時間やるより、1の効率で7時間やって残りの3時間寝た方がいいと思っているので。司法試験のために通っていた塾は、全ての講義がネット受講だったので、1日10コマを倍速で再生し、3〜4ヶ月で見切って、ひたすら残りの半年は自分で読んでやっていました。(引用元:https://www.co-media.jp)

河野玄斗(げんげん)オススメの勉強のコツ

勉強のコツ、それはどの科目にも共通して言えるようで

「人に説明できるように勉強する」

だそうです。

自分が家庭教師になった気分で人に説明できるようになればその問題は完璧なので。全体像を見ることもすべての科目に共通して大事です。たとえば日本史なら、何もわからない状態で単語をただやるのではなく、本で流れを読んで大まかな全体像を掴んでから細かい知識を入れる。マップがない状態で目的地までさまよっていたら、目的地までどのくらいあるかわからなくて怖いし、着いても来た道は思い出せません。でも地図であらかじめ確認してからいけば、自分がいまどの地点にいるのかがわかるし、後で道のりを聞かれても、マップを思い出しながら説明できますよね。全体像のマップを獲得しておくことは大事です。(引用元:https://www.co-media.jp)

これは納得ですね。

要はアウトプットできれば、すでにその勉強は

自分のものになっている

どんな応用問題がきても対応できる、ということです。

もっと言えば、アウトプット前提のインプットを行えば

勉強が早く身につく、ということです。

【関連記事】

げんげん(河野玄斗)と水上颯、東大医学部イケメン対決!あなたはどっちが好き?

河野玄斗 母親の塾はどこ?公文ではなく河野克美はECCジュニア!

ちなみにアウトプットとインプットの意味はこちら。

【アウトプット】

・経験、学習したことを元に収めることのできた

実績や成功、成果

・何かを生み出すこと、発信すること、

目に見える形を生産すること

【インプット】

・成果に繋げるための勉強、経験

脳科学者で有名な茂木健一郎さんによると

『アウトプット』と『インプット』について

以下のようにまとめられています。

脳にとっては、言語も一つの運動です。とにかく一度出力しないことには、自分が本当に考えていることや、潜在的な可能性も見えてきません。
情報のインプットとともに、アウトプットも恒常的に行わないことには、その考えが真に自分のものとなることはないのです。

 

河野玄斗(げんげん)の大人こそ学ぶべき人生を必ず成功に導く法則は「逆算思考」戦略的な考えの生き方とは

河野玄斗(げんげん)の流儀とも言える、

彼の指標とする生き方があります。

なりたい自分から逆算して今すべきことをやる。

心がけていたことは、ゴールから逆算する事です。試験から逆算して、今何をすべきかを常に意識していました。

(引用元:https://www.co-media.jp)

なりたい自分から逆算して、

そこにはいろんな誘惑がありながらも

自分の未来を描き、

そのための今の目の前の行動を、

尋常ではない集中力で取り組む。

これを常に考え、行動しているからこその成功があるようです。

 

またこんなメッセージもありました。

勉強も遊びも、モットーを持って行動することです。僕は人生で後悔したことがありません。基本的に行動する時には明確な理由があるので、マイナスなことでも「あの時はこういう理由でやっていたからしょうがない」と自己肯定できるんです。

(引用元:https://www.co-media.jp)

若い時から、常に早く、戦略的に生きていることがわかります。

それもモットーを持って。

遊びも全力で、今を常に全力で生きる姿勢が

河野玄斗(げんげん)の最大のパワーと言えるかもしれません。

【河野玄斗くん関連記事、こちらも合わせて読まれています。】

河野玄斗(東大)出身高校は聖光学院でも受験失敗の過去!母親と父親、可愛い妹と彼女はいるの?

2018.03.30

河野玄斗 勉強法よりトマト!?納豆ケチャップ,トマトジュースで頭脳を活性化で健康も意識!

2018.03.30

河野玄斗 公文の効果と評判!3人に1人東大生が公文式教育の教材の秘密とは

2018.03.30

河野玄斗 母親の塾はどこ?公文ではなく河野克美はECCジュニア!

2018.03.29

げんげん(河野玄斗)と水上颯、東大医学部イケメン対決!あなたはどっちが好き?

2018.02.02

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA