Hello !!

戸倉高広 判決は無期懲役【中野劇団員殺人事件裁判結果】焦点は加賀谷理沙(25)へのわいせつ目的かどうか

本日、2017年3月7日、
戸倉高広容疑者の裁判結果が出て、
判決は「無期懲役」となりました。

事件は2015年8月26日、
東京・中野区のマンションで、
劇団員の25歳の加賀谷理沙(25)が
戸倉高広容疑者に殺害された事件です。

判決の焦点は、戸倉高広容疑者の
「わいせつ目的」の殺人であったかどうかでした。

スポンサーリンク




戸倉高広容疑者、判決は無期懲役【裁判結果】

本日、2017年3月7日、
戸倉高広容疑者の裁判結果が出て、
判決は「無期懲役」となりました。

【中野】劇団員加賀谷理沙(25)殺人事件の概要

2015年8月26日、東京・中野区のマンションで、劇団員の25歳の加賀谷理沙(25)が殺害された事件で、逮捕された男が調べに対し殺害を認めたうえで、事件直前に女性を見かけて後をついていったという趣旨の供述をしていることが警視庁への取材で分かりました。

戸倉高広容疑者
・39歳
・福島県矢吹町中町
・職業不詳

加賀谷理沙さんの遺体には
胸などに、
戸倉高広容疑者の
唾液が検出、

手の爪の間には
抵抗した痕と見られる
戸倉高広容疑者の
皮膚片が残っていた。

これが戸倉高広容疑者逮捕の決め手となった。

戸倉被告は15年8月25日午前1時ごろ、わいせつな行為をしようと考えて加賀谷さんの部屋に侵入。加賀谷さんの口を塞いで床に押し倒すなどの暴行を加え、扇風機のコードで首を絞めて殺害したとして起訴されていた。

検察側は論告で「面識のない若い女性の家に侵入した通り魔的犯行で、極めて悪質」と指摘。弁護側は、被告には精神障害の影響で幻聴があり事件時も「倒せ」との声を聞いて殺害に及んだとし、わいせつ目的はなかったと主張していた。
(出典:毎日新聞)

スポンサーリンク




【無期懲役】戸倉高広容疑者の判決の焦点は「わいせつ目的」の殺人であったかどうか

戸倉高広容疑者の判決の焦点
当時25歳だった加賀谷理沙さん
(中野、劇団員)の殺害目的

戸倉高広容疑者が
「わいせつ目的殺人」だったどうか、
が問題でした。

戸倉高広容疑者は被害者の加賀谷理沙さんを裸にして
なんと、胸を舐めていた、というのです。

本人は生きているかの確認、と供述していたようですが、
変態、わいせつ目的の証拠の何ものでもありません。

結果、
裁判結果の判決も、
戸倉高広容疑者の「無期懲役」が下されました。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA