露木由美 現在は赤ちゃん体幹トレーナー!DV旦那(夫),夜逃げ,バツ2,離婚…若い頃の壮絶人生の過去




露木由美(つゆき ゆみ)さんの現在の年齢は50歳(2018年5月現在)。
また露木由美さんの今現在の職業は、赤ちゃん体幹トレーナー。
横浜中華街にある「ベビー&スマイル」主催の女性起業家へ。

そんな露木由美さんの若い頃や過去は、壮絶人生…
イジメ、ローラースケート、エアロビ全日本優勝、タレント、2度の結婚、離婚、バツ2シングルマザー、DV夫(旦那)からの夜逃げ(昼逃げ)を経て、現在の赤ちゃん体幹トレーナーへ。
「爆報!THEフライデー」の番組に出演の露木由美さん、今現在と過去や経歴、プロフィールをwiki風にまとめてみました。

スポンサーリンク




「爆報!THEフライデー」番組に出演の露木由美(つゆき ゆみ)とは


1990年代、No.1ベビーフェイスのキャンギャルだった露木由美(つゆき ゆみ)さんが出演されます。

特集されるのは、
露木由美さんの若い頃や過去…

壮絶人生からの今現在の職業は、赤ちゃんの体幹トレーナー。
横浜中華街にある「ベビー&スマイル」主催の女性起業家への成功の軌跡です。

その壮絶人生の中身は

  • イジメ
  • ローラースケート
  • エアロビ全日本優勝
  • タレント活動
  • 2度の結婚、離婚
  • バツ2シングルマザー
  • DV夫(旦那)からの夜逃げ(昼逃げ)
  • 現在の赤ちゃん体幹トレーナー「ベビー&スマイル」主催

 

ものすごい人生ですね。何人分の人生を歩まれて来られたのか。。

それでいて、
今現在、4人の子どもを育てるシングルマザーです。

そんな露木由美さんから学ぶ、人生から学んだこととは。

スポンサーリンク




露木由美の若い頃の過去、経歴、wiki風プロフィール

■名前:露木由美(つゆき ゆみ)

■生年月日:1967年
■年齢:50歳(2018年5月現在)
■出身地:神奈川県の横浜中華街
・郵便局のあるビルの上階に住んでいた

■家族構成:両親も祖父母も日本人、姉妹2人
・祖父は洋家具店→郵便局長、ボランティアで通訳できるほど英語が堪能
・父は祖父の跡を継ぎ、郵便局長
■兄弟構成:2人姉妹の次女

■祖父は洋家具店→郵便局長、ボランティアで通訳できるほど英語が堪能
郵便局のあるビルの上階に住んでいた

「父は、郵便局を閉めてから遅いときは20時ごろまで残業し、そのまま2階に上がって、居間でお酒を1杯飲みながらテレビを見る。行動範囲はあまり広いほうではありませんでした。母はアクティブ。一般企業の経理として働き、家に帰って夕飯を作ってから、今日は絵画、翌日は陶芸、その次の日はコーラスと習い事に出かけていく。多彩な趣味を持ち、溌剌と目いっぱい動き回る感じでした」
(出典:https://www.excite.co.jp/News/column_g/20171229/Jprime_11257.html?_p=3)

小学校、中学校時代の露木由美のイジメられた過去

「いじめられていたんです。無視されたり、筆箱を隠されたり、バイキン扱いされたり。目立つつもりはないのに“メダトウ星人”って言われたり。すごく孤独で、つまらない毎日でした」
(出典:https://www.excite.co.jp/News/column_g/20171229/Jprime_11257.html?_p=3)

 

露木由美、ローラースケートの出会いが転機で高校は人気者へ

中学2年生の頃、同じく学校に馴染めていない友達から誘われ、
山下公園のローラースケートチームを見に行く。

その時代は1981年。
派手な衣装を着て路上で踊る竹の子族が流行っていた時代、横浜ではチームでローラースケートをすることが流行していた。
(出典:https://www.excite.co.jp/News/column_g/20171229/Jprime_11257.html?_p=3)

高校に入ると一転、ローラースケート効果か、人気者に。いじめとは無縁の学校生活。
高校2年生のときは、ロサンゼルスへ1年間、留学。
ローラースケートをきっかけに「英語を話したい、勉強したいという思いが強くなったそうです。

露木由美 専門学校で英語学び、エアロビクスで全日本グランプリに

高校卒業後は、神田外語専門学校に入学して、ますます英語漬けの日々に。

ひとつは、エアロビクスとの出会いだ。もともと運動が得意だった露木さんは「身体を動かしたい」と当時、流行の兆しを見せていたエアロビクスの教室に通い始めた。踊りながら有酸素運動をする。これが性に合った。瞬く間にのめり込んだ露木さんは、エアロビインストラクター養成コースを受講し、専門学校卒業後は、家の近所にできたばかりの大手スポーツクラブでエアロビインストラクターとして働く道を選んだ。さらに、インストラクターになってから、オールジャパンエアロビクス大会でグランプリを受賞したのだ。
(出典:https://www.excite.co.jp/News/column_g/20171229/Jprime_11257.html?_p=3)

このエアロビインストラクターの経験が、現在主催しているの赤ちゃん体幹トレーナーとしての「ベビー&スマイル」。赤ちゃん教室で行う体幹体操や骨盤の体操などは、エアロビ経験が元になっているとか。

すべての人生に無駄はありませんね!

露木由美 芸能活動は10年

露木由美さんは、神田外語専門学校生時代、原宿でスカウトされ、その後は10年タレントとして芸能活動をされていたようです。とにかくパワフルな女性ですね。

女子大生ブームの中、深夜に放送された人気番組『オールナイトフジ』にレギュラー出演。また、レポーターとしても活躍し、バリ島やパラオ、フランスなどの海外ロケにも出向いた。女優としては、火曜サスペンス劇場、土曜ワイド劇場などに相当数出演。’95年に劇場公開された映画『風の見える街』では、主演も務めた。
(出典:https://www.excite.co.jp/News/column_g/20171229/Jprime_11257.html?_p=3)

とにかく何事もトライ、トライ!のパワフルな女性ですね。
そして、この間に、知り合いを不慮の事故で失くし、その2年後に母をがんで亡くされたようです。
この身近な2つの「死」によって、より全力疾走して生きるようになったそうです。

身近な大切な人で人生が大きく変わったと言う人は、成功者に多い気がします。
どれだけ、生きていることに感謝をし、懸命に生きるか、これに尽きるのではないでしょうか。

そして、ここからが、露木由美さんのどん底人生へ。。
2度の結婚、離婚、バツ2シングルマザー、DV夫(旦那)からの夜逃げ(昼逃げ)です。

露木由美 2度の結婚、離婚、バツ2シングルマザー、DV夫(旦那)からの夜逃げ(昼逃げ)

露木由美さんは、結婚と妊娠、出産を機に芸能活動辞めました。

1人目の旦那(夫)との出会いは知人の紹介の自営業の男性と入籍。

■1998年:第1子を出産するのを機に芸能界引退、専業主婦として家庭に専念。
■2000年:第2子を出産
■2001年:第3子を出産

幸せな結婚生活を送っているはずが、、、

結婚して7年後、2004年のことでした。

「夫は、DVでした。言葉の暴力だったから、モラルハラスメントですね。彼の口グセは、“俺が上、お前が下”。ちょっとでも気に入らないことがあると、家の鍵を付け替えられる、時には生活費を入れてくれない
(出典:https://www.excite.co.jp/News/column_g/20171229/Jprime_11257.html?_p=3)

言葉の暴力をされるようになり、「モラハラ夫」「DV夫」となった旦那から、夜逃げならず“昼逃げ”を実行したそうです。子供も当時3人ですから、お金はかかったでしょうね。
そういうストレスから旦那も専業主婦で妻である露木由美さんに当たっていたのでしょう。

それから2年後、2006年に離婚が成立。

そして、その離婚と同じ年の2006年に再婚。
再婚相手は、高校時代の同級生。自分も相手もバツイチで、近所だったこともあり意気投合したのだ。

2007年には、再婚相手との間に第4子を妊娠。

これ、かなりすごいですよね。3人の子供がいたのに、すぐに再婚。
やはり、美しい露木由美さんだからこそ、すんなり再婚できたのでしょうね。

再婚相手は、一般企業に勤めるサラリーマン。温和な男性で仲がよかった。

「でも結婚してすぐ会社を辞めてしまい、退職金を元手にレストランを併設した熱帯魚のお店を始めたのです。
厨房に立つことになって生活が一変。

真夜中に帰り、3時間ぐらいしか寝ないで“仕込みがあるから”と早朝に出ていく。収入も安定せず、生活費が入らないこともありました。

次第にお店で寝泊まりするようになり自宅に帰ってこなくなったので、結婚半年後には、ほぼ別居状態でした」

結局、この男性とも2011年に離婚。現在、シングルマザーとして4人の子どもを育てている。
(出典:https://www.excite.co.jp/News/column_g/20171229/Jprime_11257.html?_p=3)

これ、どうなんでしょう。

なんか、しっかりしすぎる女性には、ダメ男がつくと言いますが、
さすがに、露木由美さん、男運なさすぎませんか。。??

男の見極めが甘いのか、性格的にすぐに燃え上がり、冷めるような性格もあるでしょうが、男運がないのは女性のせいでもありますね。
ダメ男と結婚したなら、更生させることも可能ですが、すぐにパッパと色々なことを実現して行く、露木由美さんですから、悩むより、夫(旦那)もスパスパ捨てて行く判断を取ったのかもしれません。

露木由美 現在は赤ちゃん体幹トレーナー「ベビー&スマイル」主催

露木さんが、現在の「ベビー&スマイル」教室の前身である「プルメリアハウス」を立ち上げたのは、2009年だ。実家をリフォームしたのを機に、その一室を教室にして、産後体操とベビーマッサージを始めた。

実は露木さんは、ベビーマッサージもマスターしていた。1999年、まだ日本に「ベビーマッサージ」という言葉も知られていなかったころ、1歳半だった長男を連れて3週間ほどロンドンに滞在し、ベビーマッサージの第一人者であるピーター・ウォーカー氏のもとで学んで習得したのだ。当時といえば、DVだった夫と結婚していたはずだが……?

「よく行けたねって思いますよね? でも、当時は結婚2年たたないころで優しいところもあったのです。おかげで、そうとう早い時期に習得できました」
(出典:https://www.excite.co.jp/News/column_g/20171229/Jprime_11257.html?_p=3)

露木由美さんの現在は、4人のシングルマザーでありながら、赤ちゃん体幹トレーナー「ベビー&スマイル」主催されている女性起業家です。

当時、ベビーマッサージに目をつけた露木由美さんはやはりすごいですが、

「1歳半だった長男を連れて3週間ほどロンドン」

ということは、結局は旦那の協力のもと、現在の赤ちゃん体幹トレーナー「ベビー&スマイル」主催できていると言うこと!!!

(言葉は悪いですが、利用して、さらっと捨ててしまったようにも思えますが、、)

ここで元夫(旦那)さまへ、感謝の言葉をもう少しかけて欲しかったですね。
なんだか、この成功はすべて、自分の力によるもの、です的な。。

夫への思いやり、感謝がこんなだから、離婚も2回されてしまうのかも。。
まあ、夫婦の間の問題は、当人同士しかわからないのでこれ以上はやめておきます!!

露木由美さんは行動量がすごく、
実際にすべてを全身全霊で生きておられる方ですからね。
尊敬できる女性です。

まとめ

最後に、露木由美さんの人生から学ぶものとは。

若いころに出会ったエアロビや芸能生活も、2度の結婚と離婚も、つらかったDVでさえも、経験のすべてがムダではなかった、全部、意味があったと実感しているという露木さん。「ママから相談されるさまざまな内容のほぼすべてに答えられるのは、いろんな経験を経たからだな、と。つらい思いを抱える人の気持ちがわかるので、寄り添うこともできるから」

「多くの人が、その人らしく生きることができる自立した人生」を実現させるべく、さらなる高みに向かって露木さんの挑戦は続く。
(出典:https://www.excite.co.jp/News/column_g/20171229/Jprime_11257.html?_p=3)

要は、
『人生まるごと、あなたのすべてが無駄なものはない、
その人らしくめいいっぱい人生に挑戦、行動する』

ということが、露木由美さんから学ぶもの、といえそうです。

時に、それを掴むためには、多少の野心も。。

そんな奥にある成功の秘訣も垣間見れました。

50歳の露木由美さん、これからの人生もどんなことに挑戦し続けていくのか、楽しみですね。

では、
ひじょ〜に長くなりました。
読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA