米元智也の顔画像と動機 経歴は?女子中学生の胸わしづかみ わいせつ事件の容疑者

米元智也の顔画像と動機 経歴は?
東京・江東区で帰宅途中の女子中学生の胸をわしづかみにしたとして、大学2年生の男が逮捕された。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、22歳の米元智也容疑者。
米元容疑者は先月17日、江東区の路上で帰宅途中の女子中学生の胸をわしづかみ、わいせつな行為をした容疑で逮捕されました。

米元智也容疑者は動機について「欲求を抑えられなかった」と供述、過去に7~8回、中高生くらいの女子中高生の胸を触っていたということです。

スポンサーリンク




米元智也の顔画像は?女子中学生 胸わしづかみのわいせつ事件

<わいせつ事件加害者の経歴>

名前:米元智也(よねもと ともや)容疑者
年齢:22歳
大学:私立大学の2年生

■わいせつ場所:江東区の路上

米元智也(よねもと ともや)容疑者の
詳しい大学名はわかってません。
わかりましたらお伝えしようと思います。

 

<胸をわしづかみされた被害女性>

帰宅途中の女子中学生

須藤早貴 ドンファン札幌妻の顔画像と本名!?素顔と経歴、AV出演で離婚?家政婦は覚醒剤と関係あり?

2018.06.07

スポンサーリンク




 

米元智也容疑者の動機は?女子中学生わいせつ事件

米元智也容疑者の動機は、

「女子中高生に興味があった」

「胸を触る欲求を抑えられなかった」

という女子中高生に対しての
単純な変態動機でした。

東京・江東区で帰宅途中の女子中学生の胸をわしづかみにしたとして、大学2年生の男が逮捕された。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、私立大学2年生の米元智也容疑者。警視庁によると、米元容疑者は先月17日、江東区の路上で帰宅途中の女子中学生の胸をわしづかみにするなど、わいせつな行為をした疑いがもたれている。

米元容疑者は自転車に乗っていて、女子中学生とすれ違う際に顔を確認した上で引き返し、目の前に立ちはだかってわいせつな行為に及んだという。

調べに対し、米元容疑者は「欲求を抑えられなかった」と容疑を認めていて、「去年春頃から7~8回、中高生くらいの女の子の胸を触った」と話しているということで、警視庁が詳しく調べている。
出典:日テレニュース

米元容疑者は、「女子中高生に興味があった」、「胸を触りたいという気持ちから、いたずら半分にやってしまった」と容疑を認めている。
出典:FNN

米元智也のわいせつ事件にネットの声は

『こんな欲求を抑えられないなんて、野生動物みたい。逆にかわいそうになる。
もっとかわいそうなのは、親。特に母親。
息子が胸鷲掴みで逮捕って。自殺したくなると思う。』

 

『でもどうせ初犯だし反省しているとかいって執行猶予になって普通に世の中に放置されるんでしょ?
この若さの欲求が抑えられない男を世に出したらまたやるに決まってるでしょ。被害はエスカレートして最後には魂の殺人といわれるレイプにまで発展すると思う。
一体あとどれだけの女性が犠牲になって苦しめば日本でもGPSや去勢を導入してくれるんでしょうか?』

 

『高い学費払って私大に通わせた息子が胸わしづかみとは親も浮かばれない』

 

『その昔、自分も同じ被害にあった経験がある。
あの頃はただ逃げる相手に怒りまくるが精一杯だったけど、そうか、捕まえて貰えたんだ。
しかしどうやったら捕まえて貰えたんだろ。
今の若い子達が泣き寝入りしないで済むように是非こういう場合の対処法を知らせて欲しい!』

 

『女性でこういう被害に一度も遭わずに人生終えれる人ってほとんどいないよね。多かれ少なかれ、一度は必ず性犯罪に遭う。逮捕されただけまだ心は救われるよ。いつもいつもやられるだけやられて逃げられて捕まらないと、本当に何年も悔しくて辛くて苦しい』

 

『欲求を抑えられない?
どこぞの女優の息子も事件起こす前にテレビで堂々とそんな事言うてたな。
治らない病気。将来、繰り返される性癖の被害を受けるであろう女性が気の毒すぎる。』

 

『昔から思春期女子を狙う変態って減らないよねー
トラウマなるっての。
昔の変態は見せるだけの事が多かったような気ぃするけど、今は触れてくるから本当子供の身の危険性が高まってる。
去勢してやりたい。』

 

ツイッターでも痴漢行為を自慢する輩の現実

つい最近のことです。

ツイッターでも電車での痴漢行為を実際にして、
その様子を画像つきで投稿。

それを見つけた多くがこのアカウントを通報する事例がありました。

電車の女性専用車について、差別だという男性も多いですが、

多くの女性たちは言わないだけで痴漢行為を過去に受けた経験があり、

こういった痴漢行為の現実が
日常茶飯事だということを
わかっていただきたいです。

まとめ

確かに短いスカートを着た女子学生を目の前にすると、

「そんな短いスカートで男性を挑発しているようなもの」
とも受け止められます。

大泉洋と小松菜奈の主演映画、
『恋は雨上がりのように』

で女子高生役の小松菜奈が

40代バツイチだめおっさんの大泉洋を好きになる展開がありましたが、

主人公の大泉洋は、それには答えず、
10代の汚れていない女子高生を尊いものとして、
自分の欲望に打ち勝ちました。

女子中学生、女子高生といった若い子にどうしても惹かれるな〜

という男性にはこの映画を観てもらいたい。

10代女子は「尊いもの」で
自分のような汚れた輩が入り込んではいけない対象で
おっさんは見守るだけ

そんなステキな大人の日本人男性が増えることを望みます。

須藤早貴 ドンファン札幌妻の顔画像と本名!?素顔と経歴、AV出演で離婚?家政婦は覚醒剤と関係あり?

2018.06.07

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA