坂口憲二 病気(難病:特発性大腿骨頭壊死症)の原因はお酒?現在の活動休止までの経緯と症状は?

サーファー、俳優の坂口憲二(42)さんが、
現在、病気で国指定の難病、
「特発性大腿骨頭壊死症」と判明し、
無期限で芸能活動を休止を発表。

1、坂口憲二の病気(難病:特発性大腿骨頭壊死症)の発症から現在の活動休止までの経緯
2、坂口憲二の病気(難病:特発性大腿骨頭壊死症)の症状とは
3、坂口憲二の病気(難病:特発性大腿骨頭壊死症)の原因はお酒で大量飲酒?
4、坂口憲二の病気(難病:特発性大腿骨頭壊死症)についてのまとめ

こちらの順にまとめてみました。

スポンサーリンク




坂口憲二の病気(難病:特発性大腿骨頭壊死症)の発症から現在の活動休止までの経緯

坂口憲二さんの病気
右股関節の痛みが始まったのは
2012年8月の初舞台「十三人の刺客」の間だそうです。

この時は、痛み止めの薬で耐えていたようですが
その後も、現在まで
慢性的に痛むようになったようです。

 

その後、初めて病院で病気の
診察を受けたのは2014年春。
2014年3月に飲食店経営の女性と結婚
この時、松葉づえを使うほど重症化

2014年7月に精密検査を受けるため
一時休業して入院

それでも病名は分からず、
15年春になって
「特発性大腿骨頭壊死症」と判明し手術を受けた。
国指定の難病:特発性大腿骨頭壊死症)

その後から現在までの経緯は、

股関節を構成する大腿骨頭が、血流の低下によって壊死する難病。手術後は日常生活に支障がない程度にまで痛みも減少。ナレーションやDHC「プロテインダイエット」のCMで仕事復帰もした。

しかし、昨年3月に同CMの契約が終了した後、目立った活動はなくなり、今年1月末に事務所側に活動休止と退社の意思を伝えた。事務所関係者は「ドラマの出演依頼はあったんですが、坂口は受けなかった。体を張った役や演技をできないのが許せなかったようです」と語る。坂口は「自分の力をセーブしながら(仕事を)続けるのも困難だと考え、このたびの結論に至りました」としている。

現在は半年に1回ペースで通院し筋トレなどでリハビリ中。今後は治療に専念し「体調を戻してから、自分のできることをやっていきたい」としている。

坂口憲二さんの現在を、
ドラマなどテレビで見なくなり
「坂口憲二、消えた」

とネットでは噂されていましたが、
こんなご病気の経緯があったのですね。

引退か、とまで囁かれていますが
現在は活動休止で、また芸能活動再開を
志されているようです。

坂口憲二の病気(難病:特発性大腿骨頭壊死症)の症状とは

特発性大腿骨頭壊死症 医療費が助成される厚生労働省の特定疾患に指定されている。患者数は約1万1000人とされ、年2000人ほどの患者が新規に発生しているとされる。治療法は確立されていない。壊死した後、骨がつぶれて痛み、歩行などが困難となった場合は人工関節に置換する手術などを行う。
(出典:スポニチ)

特発性大腿骨頭壊死症、
つまり太ももの付け根にあるボールの部分の骨が死んでしまう病気です。死んでしまった結果、一般的には死んだ部分の骨が潰れてきてしまいます。そして潰れると痛い。痛くて病院へ来られる。そういった方が多いです。
(出典:http://www.kansetsu-itai.com)

スポンサーリンク




坂口憲二の病気(難病:特発性大腿骨頭壊死症)、当時はドラマでの右股関節酷使が原因と見なされていた

サーフィンをやっているごろの坂口憲二さん。
現在は病気でサーフィンはできない身体となっています。

2014年の股関節の痛みで
病院に行っていた当時の
病気の原因と見られていたのは、

「半年~1年前のドラマ撮影中に
右股関節をひねったこと」
原因と見なされていたようです。

坂口が股関節治療の権威がいる関東近郊の病院を受診したところ、右股関節に水がたまっていることが判明。半年~1年前のドラマ撮影中に右股関節をひねったのが原因で、軟骨損傷や関節唇損傷を起こしたのではないかとみられている。

2015年の春に、国指定の難病
「特発性大腿骨頭壊死症」と判明し
手術を受けたそうですから、
それまでは原因不明
何の病気かもわからない痛みで
辛かったですね。

まだ病名が明らかになった方が
気が楽になったのではないでしょうか。

坂口憲二の病気(難病:特発性大腿骨頭壊死症)の原因はお酒で大量飲酒?

坂口憲二の病気は、
2014年に国指定の難病
「特発性大腿骨頭壊死症」と
判明したそうですが、

この病気の原因は、
現在もまだ研究段階で
複合的な原因が絡んだ病気
とされているそうですが、

あるお医者さんによると

特発性大腿骨頭壊死症になりやすい要因として、大きく2つがあげられます。まずはお酒を飲みすぎることによるもの。そしてあとひとつは、ステロイドの服用によるもの。
(出典:http://www.kansetsu-itai.com)

とあり、ステロイドに関してはわからないので
そういえば、坂口憲二さんって酒豪ではなかった?
と思い出しました。

昔、お酒やビールの
CMをされていたこともあり、
坂口憲二のご家族、父親、兄などは
スポーツ、格闘家一家

坂口憲二さん自身もサーフィンも有名でした。
そういう家族の血って、
お酒がかなり強い酒豪の血筋の方が多いですよね。

案の定、坂口憲二さんもインタビューなどで
ビールや焼酎などのお酒が大好きで、
ほぼ毎日飲んでいるといい、

「たまに記憶が飛ぶし、朝起きたら素っ裸という時も」
という酒豪ぶりを見せていたようです。

坂口憲二の病気(難病:特発性大腿骨頭壊死症)についてのまとめ

坂口憲二さんといえば、
サーフィンを愛し俳優としても成功、
父親も兄も有名人、
嫁と子供もいて
恵まれたマッチョな体系でイケメンと
悩みなどないように思われますが、

稀に見る病気、
難病の特発性大腿骨頭壊死症に侵されるとは、
人生何があるかわかりませんね。

そういえば、知り合いのバーの店主が
急に股関節が痛くなり、
松葉杖をついて数週間過ごすことになっていた、

と人づてに聞きました。
彼はものすごくお酒を飲みます。
毎日、やはりお酒が強く、
いくら飲んでも肝臓などには支障もなく
痛風にもならないので
すごいな、と思っていたのですが、

もしかしたら、彼も坂口憲二さんと同じ病気、
難病の特発性大腿骨頭壊死症の疑いがあるのか、、
と頭をよぎってしまいました。

そうでなければいいのですが。
この病気は骨が壊死してから、
それで痛みが生じるらしいので、

気づいた時にはすでに遅し、ということで
とてもこわいですね。

坂口憲二さんの
難病の特発性大腿骨頭壊死症の原因が
お酒、
とはっきりはわかりませんが、

何事もやりすぎは禁物で
適量を楽しんいけたらいいですね。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です