L⇔R黒沢秀樹が女優佐藤みゆきと結婚 !黒沢健一の死去乗り越える




1990年代に「Knockin’ on your door」が大ヒットしたバンド「L⇔R」メンバーの黒沢秀樹(47)さんと女優の佐藤みゆきさん(33)が結婚、妊娠を発表!2016年に脳腫瘍で亡くなられたL⇔Rメンバーで、兄でもある黒沢健一さんの死を乗り越えての結婚と妊娠。佐藤さんは、6月には出産する予定。

L⇔Rの結成秘話と佐藤みゆきさんについて調べてみました。

【スポンサードリンク】



L⇔R結成のきっかけは兄の黒沢健一の19年の作曲家人生から

黒沢秀樹さんが「L⇔R」メンバーになる前にいち早く、その才能を開花していたのが、

兄の黒沢健一さん。19歳から作曲家だったなんて知りませんでした。

ものすごい才能です。

こういう天才の方は、早く亡くなる、なんてこともよく聞きますが結局後付けなのでしょうか。

 

高校生時代のアマチュアバンドで参加した音楽コンテストで、

あの!小室哲哉さんに特別賞をいただいたようです。

それが始まりで19歳で作曲家としてデビュー、南野陽子さんなどに楽曲を提供してました。

その後、デモテープを作っていたらそれが目に止まり、

なんやかんやで「L⇔R」デビューになりました。

 

1990年代大ヒット「L⇔R」の歴史 黒沢健一、秀樹の兄弟で結成


バンドの前身は、黒沢健一、秀樹の兄弟で結成されたバンド、「ラギーズ」。

  • 1990年、黒沢兄弟2人と木下裕晴の3人で「L⇔R」を結成。
  • 1994年、シングル「HELLO,IT’S ME」ポッキーのCM曲となる。
  • 1995年、江口洋介主演の月9『僕らに愛を!』の主題歌に見事採用され、
  •      シングル「KNOCKIN’ ON YOUR DOOR」が大ヒット!
  • 1997年、活動休止。ソロ活動開始。
  • 2016年10月、黒沢健一が脳腫瘍の治療中を公表
  • 2016年11月、「L⇔R25周年プロジェクト」始まり、L⇔Rの再始動がささやかれるが、、
  • 2016年12月5日、黒沢健一が脳腫瘍で死去。享年48歳。

兄の黒沢健一さんが脳腫瘍で死去されたとき、

ファンの方々は相当悲しい思いをしたでしょう。

しかし、L⇔Rファンの方々はしっかり今も「L⇔R」を応援されています。

 

そんな悲しいお兄さんの死を乗り越え、

「L⇔R」メンバーの黒沢秀樹(47)さんと

女優の佐藤みゆきさん(33)の結婚と妊娠の報告。

明るい嬉しいニュースです!

ところで、佐藤みゆきさんってどんな女優さんだったでしょう?

 

【スポンサードリンク】



女優 佐藤みゆきプロフィール

198475日生まれ

福島県田村市出身。

所属事務所はフォセット・コンシェルジュ。

B型、身長は160cm。

(佐藤みゆき公式サイトより出典)

 

ちょこちょこドラマや映画に出ているのを見たことがありますね。

こうやってじっくりお顔を見ると、吉田羊さんにちょっと似ています。

そういえば、ケンタッキーのCMにも

桐谷健太さんの奥さん役で出演している

あの女性の方ですね。

 

ぼやけているけど確かに佐藤みゆきさん、いる。

 

以下は、佐藤みゆきさんの最近の出演作品です。

<ドラマ>
2017年 CX「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」第3話 梅川貴子役
CX世にも奇妙な物語’17秋の特別編 短編「女子力」 同僚・ユキ役
CXスペシャルドラマ「炎の経営者」 浜野の妻役
ABC・EX 土曜ワイド劇場「弁護士 倉沢由法の事件ファイル」 広崎恭子役

2016年 Huluオリジナル「代償」第3・4話 本間寿々香役
CX「世にも奇妙な物語’16 春の特別編」『通いの軍隊』 尾関役
CX「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」第4話 バスの母親役

2015年 東海テレビ・CX「癒し屋キリコの約束」第35・39・40話 後藤妙子役
CX「リスクの神様 the God of risk」第9話 坂手の娘役
メ~テレ(名古屋テレビ)/TVK「ミステリなふたり」第8話『エプロン殺人事件』 高坂昭子役
NHK Eテレ 東京特許許可局(天てれドラマ)「特許審査28対人好感度向上めがね」 芳子役
CX「ゴーストライター」第2話 丸山介護士役

2014年 CX「イタズラなKiss2~Love in TOKYO」第4話 母親役
TX水曜ミステリー9「森村誠一サスペンス 刑事の証明8」 逢沢志織役
NHK-BSプレミアム プレミアムよるドラマ「おわこんTV」第5回 高橋涼子役
NHKドラマ10「サイレント・プア」第8回 山川常盤役
NHK連続テレビ小説「花子とアン」第2週 一条高子役
(佐藤みゆき公式サイトより引用)

 

黒沢秀樹さんはご自身のブログで、

2016年12月の兄の黒沢健一の死去に触れ、

「個人的な思いから婚約をしてから、結婚を半年以上待たせたこと」

「よいタイミングで新しい命を授かった、2017年の12月に婚姻届を提出しました」

と報告されました。

 

まとめ

いわゆる、できちゃった婚、授かり婚ですが、

黒沢健一さんの死を乗り越えるために、タイミングを見計らったように授かった

新しい命に希望が芽生えますね。

悲しい事件ばっかりの中、嬉しいニュースでした。

 

【スポンサードリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA