Hello !!

男性不妊原因にイブプロフェンが影響! 女性不妊はどうか

男性不妊の原因に、風邪薬や頭痛薬に普通に含まれる「イブプロフェン」が関係する、という研究がこの度発表されました。不妊治療中や、妊活中、子供を授かる予定の男性は、数カ月間は薬品の使用を控えた方が良いとされています。

男性不妊の原因と「イブプロフェン」、また女性不妊に関しても調べてみました。

【スポンサードリンク】



男性不妊原因にイブプロフェンが影響

以下は少し長くて難しい内容ですが、CNNの記事の引用です。

(CNN) 市販の鎮痛薬の成分として使われているイブプロフェンと男性不妊との関係を指摘する研究結果が、8日の米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表された。

若い男性の被験者に、スポーツ選手が使っているのと同じ量のイブプロフェンを服用してもらった結果、生殖機能が低下する中年期のようなホルモンの状態になることが分かったという。

 

非ステロイド系消炎鎮痛剤のイブプロフェンは、スポーツ選手が試合前に痛みを抑える目的で服用することもある。

研究チームは18~35歳の男性31人を被験者として、うち14人には600ミリグラムのイブプロフェンを1日2回、服用してもらった。これは多くのスポーツ選手が1日に服用する量に相当する。残る17人には偽薬を服用させた。

その結果、イブプロフェンを服用した男性は14日以内に、黄体形成ホルモンが、血中を巡回するイブプロフェンの濃度と同調するようになった。同時に、黄体形成ホルモンに対するテストステロンの割合が減少する睾丸機能不全の兆候が確認された。

こうしたホルモンバランスの攪乱(かくらん)は、生殖障害やうつ、心血管系疾患のリスク上昇に関係する症状を引き起こしていた。

今回の研究のように、若い男性が短期間のみイブプロフェンを服用した場合であれば、影響が出たとしても、確実に元の状態に戻ることができると研究者は解説する。しかし、長期間イブプロフェンを服用した場合、健康にどんな影響が出るかは分からないとしている。

別の研究では、北米や欧州、オーストラリア、ニュージーランドで男性の精子の数が激減しているという調査結果も発表された。ほとんどの医薬品は、男性の生殖機能に及ぼす影響を調べることなく流通しているという。

今回の研究では、イブプロフェンが健康な若い男性の生殖ホルモンを撹乱する可能性があることが分かった。

しかし生殖能力の低い男性の場合、さらに大きな影響が出る可能性もあるとミズーリ大の研究者は指摘。子どもを持つ予定の男性は、数カ月間は薬品の使用を控えた方がいいとアドバイスしている。

少し難しいですが、結論を言うと

男性不妊の原因に、
風邪薬や頭痛薬に普通に含まれる「イブプロフェン」が少なからず影響する

子供を希望する男性は「イブプロフェン」を控えるように

ということです。

 

市販頭痛薬のイブプロフェン含有量は不妊に影響あり?

一般にドラッグストアや薬局で販売されている「イブ」や「ナロンエース」といった

有名な頭痛薬に入っている、イブプロフェンの含有量は以下の通り。

イブ

  • 1回2錠で150mg
    1日3回で450mg。

ナロンエース

  • 1回2錠でイブプロフェン144mg。
    外箱には1日3回を限度に。

風邪薬にもたくさん入っているから気をつけたいですね。

この記事の研究では、600mgを1日で2回なので、

だいぶ量は多いことから、直ちに市販頭痛薬が、

男性不妊の原因、絶対的な悪、

とは言えませんが男性不妊に影響があることは、今回の研究で確かなようです。

月に何度も、風邪薬やイブ、ナロンエースといった頭痛薬を飲む男性

控えた方が良さそうです。

偏頭痛、の症状がある方は、漢方や頭痛専門外来に行って

処方された薬を飲むことがやはり望ましいようですね。

 

【スポンサードリンク】



女性不妊の原因にイブプロフェンは影響するのか

今回の研究については、

イブプロフェンは男性不妊にいくらか影響する、

とあるだけで、女性の不妊については一切明記していません。

排卵前後、排卵中は市販頭痛薬は飲まない方が良い

しかし、ドラッグストアや薬局で手に入る市販頭痛薬について、

知り合いの不妊専門のお医者様に聞いたところ、

「排卵直前後、排卵中は、市販の頭痛薬は飲まないように」

と注意をされていました。

理由は、

成熟した卵子が弾けずらくなり、排卵しないから。

という理由らしいですが、医者によっても意見が分かれるところかもしれません。

これについては、ある一人の不妊外来専門のお医者様が、

こうおっしゃられていたという事実だけをお伝えします。

しかし、生理中や排卵中は女性ホルモンが不安定な時期で、

頭痛も起こしやすいですよね。

頭痛外来の専門の病院で聞くか、ご自身のかかりつけのお医者様に

聞いてみるをお勧めします。

 

【スポンサードリンク】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA