Hello !!

平尾龍磨 逃走動機は人間関係…それほど脱走逃走したかった松山刑務所大井造船作業場とは

平尾龍磨(ひらおたつま)受刑者が、30日広島市内南区で逮捕、その身柄確保の瞬間動画や画像の平尾受刑者の塀を超える身体能力に驚かされましたが、この23日間に及ぶ、脱走と逃走動機「人間関係」だったとのこと…それほど脱走逃走したかった松山刑務所大井造船作業場とは、、また向島での平尾受刑者の潜伏期間はどこにいて、どのように過ごしていたのでしょうか。

スポンサーリンク




平尾龍磨受刑者の逃走動機とは【広島向島逃走事件】

平尾龍磨受刑者の逃走動機は、なんと松山刑務所・大井造船作業場の「人間関係」だったと供述しているようです。

スポンサーリンク




平尾龍磨受刑者が脱走・逃走したかった松山刑務所大井造船作業場とは

平尾龍磨受刑者が逃走した
「塀のない刑務所」
松山刑務所大井造船作業場とは、

愛媛県今治市にある、
全国から厳しい審査に合格した
態度などが模範囚が入る
「塀のない刑務所」です。

新しい取り組みで

またこちらの記事では、松山刑務所の
友愛寮の食事メニューが豪華で
勉強机、お風呂場も豪華な
異色の刑務所の様子をお伝えしてます。
関連記事のIDを正しく入力してください こんな優遇された刑務所での「人間関係」が嫌になり、23日もの間、世間を騒がせ、ものすごい人数の警察官が捜索。

また一番の問題は、逃走の潜伏先であった広島県尾道市の向島の住民の皆さんに、多大なる不安な日々と迷惑をかけたことですね。逮捕されて、安心されたと思います。本当によかった。

松山刑務所・大井造船作業場は、世界から注目されているような自由な刑務所なようですが、今後の囚人、刑務所の在り方は、かなり問題視されそうです。

一方で、こちらの刑務所では囚人の再犯率が非常に低く、評価されています。人によっては効果的な刑務所なのでしょうが、過去にも多くの囚人が脱走しているのも事実です。

今回の平尾龍磨受刑者は、その中での「人間関係」が嫌になっただけで、この逃走事件です。刑務所の中で、どのように対処されていたか、その人間関係はどうだったのか、今後もさらに調べる必要がありますね。

平尾龍磨受刑者の向島逃走、潜伏期間はどこにいてどのように過ごしていたのか

平尾受刑者は一体どこに隠れて、潜伏していたのかというと、多くの報道で推測していた通り、かなり多くあった向島の空き家で潜伏していたと供述しています。

また「空き家などにあった食料を食べていた」とあり、逃走時と逮捕時の平尾受刑者が特に変化なく、瘦せこけたりしてないのは、お供え物や空き家での食料確保ができていた、ということですね。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA