2019冬ドラマ特集!

梨花の閉店理由は店舗広げすぎと価格が高すぎ?ブランド メゾンドリーファー現在の値段とは

モデルでタレンドの梨花さん(45)のブランド「メゾンドリーファー(MAISON DE REEFUR)」が2019年いっぱいで国内にある全店舗6店の閉店をインスタで公表しました。
梨花さんの店の閉店理由は店舗広げすぎと価格が高すぎ?ブランドの現在を調べてみました。

スポンサーリンク

梨花ブランドメゾンドリーファーが全店舗閉店

モデルでタレントの梨花さん(45)が、2012年に自身が立ち上げたブランド「メゾンドリーファー(MAISON DE REEFUR)」を2019年いっぱいで国内にある全店舗6店を閉店するとインスタで公表しました。

若い頃はバラエティのテレビ番組でも活躍、下品に笑うイメージもありアンチも多かった梨花さんですが、テレビ出演を控え、自身のブランドが大成功、女性起業家のイメージがついていた梨花さん。

現在はハワイで息子さんと暮らしていますが、7年もの間続けていたブランド閉店理由はいったいなんなのでしょうか。

梨花さん本人は、自分の力不足と言っていますが、詳しくみてみます。

スポンサーリンク

梨花の閉店理由は店舗広げすぎと価格が高すぎ?

こちらが梨花さんのインスタでの店舗閉店のお知らせです。

 

View this post on Instagram

 

梨花さん(@rinchan521)がシェアした投稿

皆様へご報告があります。 .
.

MAISON DE REEFURは年内をもちまして全店舗、
閉店させて頂くこととなりました事をご報告させて頂きます。

7年前、2012.4.12
息子が誕生した4ヶ月後に
MAISON DE REEFUR
代官山第1号店がOPENしました。
その当日の事は
今でも鮮明に覚えています。
OPEN時間11時
お店の扉をあけると
そこには雨の日にもかかわらず、
本当に沢山の方が並んで待っていてくれました。
その当時、誰も来てくれなかったらという不安と、
初めての子育てとの葛藤の中で、ちゃんとOPENできたという安堵、皆様があたたかく待っていてくださったことが本当に凄く嬉しくて、
泣き崩れた事を今でも覚えています。

1日目2000人1週間で2万人
1年間で35万人もの方が REEFURに訪れてくれたと聞いています。
色々な街でREEFURのピンクのショッピングバッグを持って歩いている女の子を見かけました。想いをこめてつくったお洋服で歩く子達と遭遇した時のあの感動、
ありがとうの気持ちは忘れません 。

目まぐるしく過ぎていく今の時代

私自身
思考や求めるもの
大切にしたいことが、
だんだん変わっていく中で
心を保ちながら
私の力不足も含めて
この大きなビジネスを保つことが、
とても難しいと感じるようになりました。
もがきあがきながら
至らない事だらけの私でしたが、
精一杯かけぬけた7年間でした。

これから残りの人生を
どう生きていきたいかを考えるようになった時、
ここで一度立ち止まり、
この先をもう少しゆっくりと歩んでいきたいと思うようになりました。

これまで、
支えてくださった沢山の方々には
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
これまでMAISON DE REEFURという
ブランドを愛してくださった皆様
本当にありがとうございました。

最後の日まで
MAISON DE REEFURをよろしくお願い致します。

梨花

閉店理由については「私の力不足も含めてこの大きなビジネスを保つことが、とても難しいと感じるようになった」「一度立ち止まりたい」とのことですね。

現在全国に全部で6店舗だという梨花さんのブランド店。

  • 代官山
  • 新宿
  • 池袋
  • 横浜
  • 名古屋
  • 博多

6店舗のうち、代官山と名古屋店では、健康志向のカフェも併設されています。

閉店理由について、ネット上では、

「価格が高過ぎて庶民には手が届かない」

「一部のコアな梨花ファンしかついていけてない」

「代官山だけでよかった、店舗がたくさんできて、レア感がなくなった」

というような理由がありました。それほど梨花さんのブランド店の商品は価格が高いのか次に詳しくみてみます。

梨花ブランドの商品は値段が高過ぎ?

梨花さんのブランドブランド「メゾンドリーファー(MAISON DE REEFUR)」は

7年前の2012年に、代官山第1号店がオープン。

1日目2000人1週間で2万人
1年間で35万人もの方が REEFURに訪れてくれたと聞いています。

梨花さんが言われたように、代官山店のオープンはものすごい反響がありました。

ブランドが大成功したのは、梨花さんが妥協しないお店づくりと商品開発を心がけていたことです。

例えば、お客に飽きさせないようにお店のリニューアルも度々行なっていました。

2015年代官山店のリニューアルオープンでもこれだけの行列ができています。

それでは、気になる価格についてみてみましょう。ブランドの公式サイトによると

例えばバッグの値段をみてみます。


出典:https://www.maisondereefur.com/

ただの布切れのトートバッグが5000円オーバーの価格。

ブランドロゴ入りポーチは、4000円近い価格。

金具が入ったような、しっかりしたバッグだと8000円、9000円の価格帯です。

 

うーん。確かに高い!!

梨花さんの大ファンなら記念に、と買うのでしょうが、原価を考えるとちょっとぼったくっていますね。こうなると庶民にはなかなか手が届きません。

同じ価格のものなら、もっと実用的なバッグを買ったり、別の海外ブランのものを買おうとするのも頷けます。

まとめ

梨花さんがブランドを立ち上げて大成功しているはよく知っていましたが、まさか急に全店舗閉店するとは思いもしませんでした。

梨花さんがブランドを閉じて、これからはどうやって食べていくのかな、というのも気になりますが、ハワイでの子育てがひと段落したら、もしかしたら日本のテレビにもっと出るようになるかもしれませんね。もしくは新たなブランドを立ち上げることも考えられます。

これからも美しい梨花さんの姿が見れるようにインスタは更新していってもらいたいと思います。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA