緊急SOS iPhoneを子供に教えて!カウントダウンの音にビビる…間違えて…どこにかかるの?の疑問に答えます

iPhone「緊急SOS」を子供に教えてあげて!
カウントダウンの音にビビる…
間違えて押しちゃった…どこにかかるの?
の疑問に答えます。

危険な目に遭ったり、とにかく助けが必要、
自分では電話などができない時、
iPhoneでは、ボタンを連打することで
「緊急SOS」が自動的に発信、
GPS機能で、あなたを危険から回避、
あなたを守ってくれます。

iPhone「緊急SOS」で
実際に一命を取り止めた事例も紹介します。

スポンサーリンク




iPhone「緊急SOS」はどんな時に使うの?

・危険な事件に巻き込まれた、
・事故にあって、ヤバイ
・変な人に声をかけられ、さらわれそうになった、
・急に体調が悪くなって、意識が遠のきそう、
・家族が、他の人が危険な事件に巻き込まれた、

こういった
『とにかく助けが必要だけど
なんらかの理由で、自分では電話などができない時』

本当に怖い時、命に危険がある時、

人は、思考回路がショート、

「声が出ない、電話さえかけられない」
状態に人は陥ることがあります。

スマートフォンの普及、SNSが広がったことで
子供たちも知らず知らずのうちに、
事件に巻き込まれ、身の危険が危うく、
実際にそういった事件で
命を落とす事件が、昨今多発しています。

iPhoneを所有している方は、
必ず「緊急SOS」を知っておきましょう。

iPhone「緊急SOS」の使い方、やり方

ツイッターでも
iPhone「緊急SOS」のこのツイートが
話題になっています。

 

iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus では
サイドボタンといずれかの音量調節ボタンを、
「緊急 SOS」スライダが表示されるまで押し続ける。
iPhone 7 以前では、
サイドボタンをすばやく 5 回押す。

iPhone「緊急SOS」はどこにかかるの?

緊急SOSを発動した、iPhoneから
警察や救急、消防などに連絡がいきます。

位置情報のGPSも同時にわかるので
声が出ない、緊急の時でも
あなたの「HELP!!」が伝わります。

iphoneのApple公式サイトでも、
このように「緊急 SOS」
についての詳細がありました。


(出典:Apple)

緊急電話をかける

iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus では、以下の手順で緊急電話をかけます。
1. サイドボタンといずれかの音量調節ボタンを、「緊急 SOS」スライダが表示されるまで押し続けます。
2. 「緊急 SOS」スライダをドラッグして、緊急電話をかけます。スライダをドラッグする代わりに、サイドボタンと音量調節ボタンを押し続けた場合、カウントダウンが始まり、通知音が鳴ります。カウントダウンが終わるまでボタンを押し続けた場合、自動的に緊急通報用電話番号にかかります。

iPhone 7 以前では、以下の手順で緊急電話をかけます。
1. サイドボタンをすばやく 5 回押します。「緊急 SOS」スライダが表示されます (インドでは、ボタンを 3 回押せば、iPhone から自動的に緊急通報用電話番号につながります)。
2. 「緊急 SOS」スライダをドラッグして、緊急電話をかけます。
電話が終わると、特にキャンセルするように選択しない限り、指定の緊急連絡先に iPhone の現在地を知らせるテキストメッセージが送信されます。位置情報サービスがオフの場合は、一時的にオンになります。

所在地が変わると、緊急連絡先にそのつど最新の位置情報が送信され、約 10 分後に iPhone に通知が届きます。最新情報の配信を止めるには、ステータスバーをタップして、「緊急時の位置情報の共有を停止」を選択します。共有を続ける場合、その後 24 時間、4 時間ごとに停止するかどうかを確認する通知が表示されます。

「緊急 SOS」のショートカットを使う場合は、緊急電話をかけ終わっていなくても、パスコードを入力して Touch ID を再び有効にする必要があります。

スポンサーリンク




実際にiPhoneでロックボタン(右の電源ボタン)で「緊急SOS」を発動してみた

実はこれを知り、初めて「緊急SOS」やりましたが
警告音とカウントダウンがけっこうビビります。

自分のiPhoneの場合は、
「自動通報」がオンだったようですぐに警告音が鳴りました。
(すぐにキャンセルを押した)

「自動通報」がオンの場合、緊急電話をかけようとすると、iPhone でカウントダウンが始まり、警告音が鳴ります。カウントダウンが終わると、自動的に緊急通報用電話番号にかかります。

警告音は
「ビビーッ、ビビーッ」
とかなり大きな音で鳴り、地震警報を同じ音ではないでしょうか。
びっくりして動揺してしまいうる覚え、2回目を押したくないですね。

あわわっ、iPhone「緊急SOS」間違えて押しちゃった場合

もし本当に電話までしてしまった場合は、
本当に最寄りの警察などから電話がかかってくるようです。

その時は、無視せずに、正直に
「iPhone「緊急SOS」間違って、押しちゃった!」

と、白状しましょう。
最悪の場合、それを無視したとしても
何も起こらないようです。

GPS機能で、場所は特定されていますので、
いたずら「緊急SOS」は、やめましょう。

iPhone「緊急SOS」 で実際に助かった人の実体験談

これはかなり衝撃的ですね。
事件、事故に巻き込まれた時や、
体調が悪く、意識を失いそうなとき、
とにかく、何かしらのボタンを連打するといいですね。

【恐怖の実体験】iPhoneを持ち「緊急SOS」 を知っていれば…

本当に怖い時、命に危険がある時、
人は、思考回路がショート、

「声が出ない、電話さえかけられない」
状態に人は陥ることがあります。

実際に、自分は高校生の時に人に襲われそうになったことがあります。
背後から急に上着をかけられ、
体を持ち上げられて、人気のない駐車場に連れ去られ、、

必死に対抗したので、大事には至りませんでした。

その時のことで思い出すのは、
ドラマのような
「キャー、助けてー」
というような黄色い声が自分から出てくるかと思いきや、

自分の口から出た言葉は、
「あ゛あ゛あ゛あ゛〜、あ゛あ゛あ゛あ゛〜」

と世にも恐ろしい、低い声でした。
恐怖で、声が出ないのです。

必死に、必死に、助けを呼ぼうと声を出しても
声が出ないのです。

必死に暴れて、抵抗したから助かりました。

その後、家には数分で歩ける距離だったのですが、
その間の道のりは、足が震え続けていました。

家の玄関の扉を開けて、
家族の顔をみると、涙が止まりませんでした。

こんな思いを、あなたに、
あなたの子供さんにして欲しくはありません。

ずっと誰にも言えず、
もっとひどい目にあったことが
ある方もいるはずです。

iPhoneを使用している人は
「緊急SOS」、必ず覚えておきましょう。
少しでも、あなたのお役に立てますように。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA